1970~1974 ローラ・リー(Laura Lee)について【ホット・ワックスとインヴィクタス時代】

1970~1974 ローラ・リー(Laura Lee)について【ホット・ワックス時代】
評価投稿数: 0
0

ホーランド=ドジャー=ホーランド(HDH=Holland-Dozier-Holland)がモータウンを離れた1968年、新たなレーベルを軌道に乗せるためには、2人の女性シンガーが非常に重要な存在となった。

1人はインヴィクタス(Invictus)レコードと契約し、1970年に”Band of Gold”で記録的なヒットを飛ばしたフリーダ・ペイン(Freda Payne)。そして2人目が今回の主役、ローラ・リー(Laura Lee)だ。チェス・レコード(Chess)との契約が終了した彼女は、インヴィクタスの姉妹レーベルであるホット・ワックス(Hot Wax)に移籍する。

ローラ・リーのアルバムのタイトル曲でもある、1972年の”Women’s Love Rights”は順調にチャートインし、当時のマニフェスト的背景に賛同するかのように、女性解放運動を訴える人々の涙を誘った。

その30年後、音楽雑誌「MOJO」は、“Wedlock Is a Padlock”も然り、アルバムの代表曲ともなるクオリティを持つ彼女の曲を抗議ソング・チャートの上位100曲の中で紹介している(2004年5月号掲載)。

続いて、反体制的な独白スタイルで歌ったバディ・ジョンソン(Buddy Johnson)のバラード曲”Since I Fell for You”は、ミリー・ジャクソン(Millie Jackson)の歌詞制作の分岐点にもなった曲である。

R&Bチャートのトップ40に4度ランクインしたにも関わらず、過激的な音楽スタイルを持つローラは常に批評家のお気に入りとなることが多かった。

その後、ホーランド=ドジャー=ホーランドとは2枚のアルバムを制作。1972年発表『Two Sides of Laura Lee』では、ブレンダ・ハロウェイ(Brenda Holloway)の代表曲”Every Little Bit Hurts”をワルツテンポの哀愁サウンドからディープなソウル狂想曲に変えるというまったく新しいエッセンスを注入している。真情味あるバージョンに仕上がったお馴染みの2曲”At Last”と”Guess Who I Saw Today”であるが、これがソウル・リスナーに耳を傾けさせた。

ホット・ワックスでの最後の作品(姉妹レーベルのインヴィクタス)1974年『I Can’t Make It Alone』は、HB・バーナム(HB Barnum)とユージン・ムーア(Eugene Moore)によるアレンジで、弦楽器とソウルをミックスした極上のブレンドに仕上げられた絶妙な作品だ。

ブレイクビート・サウンドの曲”Crumbs Off the Table”(『Two Sides of Laura Lee』にも収録されている)、”(If You Want to Try to Love Again) Remember Me”、”Mirror of Your Soul”、”I Need It Just As Bad As You”などが収録されている。

1975年、ローラはホット・ワックスからアリオア・レコード(Ariola Records)へ移籍。しかしその直後、深刻な体調の悪化により数年間ほど音楽業界から退いた。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

1970~1974 ローラ・リー(Laura Lee)について【ホット・ワックスとインヴィクタス時代】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1973 Lea Roberts - Excuse Me I Want To Talk To You

1973 Lea Roberts - Excuse Me I Want To T...

1972 Alice Clark - Alice Clark

1972 Alice Clark - Alice Clark

1974 Penny Goodwin - Portrait of a Gemini

1974 Penny Goodwin - Portrait of a Gemin...

ザ・シスターズ・ラブ

1968~1975 The Sisters Love - Give Me You...

1972 Leslie Uggams - Try To See It My Way

1972 Leslie Uggams - Try To See It My Wa...

1970 Della Reese - Black Is Beautifu

1970 Della Reese - Black Is Beautiful