1970 Irene Reid – The World Needs What I Need

評価投稿数: 0
0

「アイリーン・リード(Irene Reid)」はジョージア州サヴァンナの出身で、地元では教会や高校などで歌っていた。

母親が亡くなった後、1947年にニューヨークに移り住み、その年の終わりにハーレム(Harlem)のアポロシアター(Apollo Theater)で行われたアマチュアコンテストに参加。5週間連続で勝ち抜き優勝。

するとすぐに声を掛けられ、サヴォイ・ボールルーム(Savoy Ballroom)でディック・ヴァンス(Dick Vance)との共演を果たし、1948年から50年までその座を務めた。

1961年から62年までは、カウント・ベイシー・ オーケストラ(Count Basie)で活躍。ヴァーヴ・レコード(Verve Records)でアルバム『Room for One More(1965年)』と『It’s Too Late(1966年)』をリリースした。

アイリーン・リードは後にブロードウェイのミュージカル「The Wiz」に出演。更に、カーメン・マクレエ(Carmen McRae)、サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)、アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)、B.B.キング(B.B. King)らとも共演も果たした。

1970年、ソロとしての努力の賜物であるアルバム『The World Needs What I Need』をポリドール(Polydor)よりリリース。

ホレス・オト(Horace Ott)が総指揮とアレンジを担当。それまでの作品にあったジャズの感性は払い取られ、彼女の力強い歌声にぴったりなより底力のあるサイケデリックなソウル風味を持つこのアルバムは新しいキャリアの幕明けとなった。

同じくポリドールのロイ・エアーズ(Roy Ayers)やエドウィン・バードソング(Edwin Birdsong)のようなサウンドとも違い、太く染み渡るグルーヴ感や壮大なるアレンジ、そして音楽以上に浸透しやすいディープさは、まさに1970年代初期のレーベルの特徴を表したアルバムである。

“Son of a Preacher Man”や”Didn’t We”、そして、原作はファンキーだが自信と落ち着きを放っている曲”Hey World, Let Love In”など、うまく選曲されたカバー・ソングたちは最高だ。

どのような状況下においてもアイリーン・リードは自信を失わず決してぶれない。

事実、彼女のパフォーマンスはとても素晴らしい。それがゆえに、アルバムセールスの失敗が彼女からスポットライトを奪ったことをとても悔しく思う。その後アイリーンが返り咲いたのは1990年代後半になってからだ。

アイリーン・リードは、その後、サヴァント(Savant)から数枚のアルバムをリリースし、サヴァンナ・ジャズ・フェスティバル(Savannah Jazz Festival)にも1991年、1994、1996年と出演した。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

  1. A Certain Kind Of Woman
  2. Moon Dance
  3. My Way
  4. Son Of A Preacher Man
  5. Words
  6. The World Needs What I Need
  7. Hi-De-Ho
  8. Didn’t We …
  9. Hey World, Let Love In ..

1970 Irene Reid – The World Needs What I Needの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1969 Edwin Starr & Blinky - Just We Two

1969 Edwin Starr & Blinky - Just We Two

1973 Lea Roberts - Excuse Me I Want To Talk To You

1973 Lea Roberts - Excuse Me I Want To T...

1974 Martha Reeves - Martha Reeves

1974 Martha Reeves - Martha Reeves

1974 Penny Goodwin - Portrait of a Gemini

1974 Penny Goodwin - Portrait of a Gemin...

1972 Alice Clark - Alice Clark

1972 Alice Clark - Alice Clark

1970 Vivian Reed - Vivian Reed

1968 Vivian Reed - Vivian Reed