1969~1970 Bettye LaVette – Take Another Little Piece of My Heart

1969~1970 Bettye LaVette - Take Another Little Piece of My Heart
評価投稿数: 0
0

R&B以外のジャンルでは、「ベティ・ラヴェット(Bettye LaVette)」は不明瞭なポジションにいる。

多くのインディーズレーベルからリーリースされ、それぞれが様々な角度で十分に商業素質を備えていた彼女のシングルは、たびたびチャートの中間で失速するか初期の段階で成功をくじかれていた。その結果、コレクターが愛好するだけの作品となり、偉大作になったであろが、ソウルの女王という位置付けは築けなかった。

このベティ・ラヴェットのコンピレーションアルバムは修正版で、1969年から70年の間にベティがプロデューサーでケニー・ロジャース(Kenny Rogers)の兄としても知られるレラン・ロジャース(Lelan Rogers)とシルバーフォックス・レコード(Silver Fox)でレコーディングした作品によってまとめ上げられている。

一流のソウル・ミュージシャンによるセットにてメンフィスで収録。

演奏メンバーは、キーボードにジム・ディキンソン(Jim Dickinson)、ギターにチャーリー・フリーマン(Charlie Freeman)、ベースにボビー・マククルーラ(Tommy McLure)、そしてドラムとホーンにサミー・ジャクソン(Sammy Jackson)という豪華な面々で、その中核は直にザ・ディクシー・フライヤー(The Dixie Flyers)となる。

このハードなソウル色を持つ才能陣が、弾けるようなホーンとファンキーで深みのあるベースの音色でベティの不完全なヴォーカルをうまく形付けている。

挿入曲は、レーベールからのベティのシングルすべてと、「シルバーフォックス・レコード」がなくなった後、「SSSインターナショナル」から発売した“Piece of My Heart”のホットなバージョンを含む。

その他に、南部の多くのラジオ曲で放送禁止になったにも関わらず、R&B部門で25位まで上昇した”He Made a Woman Out of Me” 、そして”Do Your Duty”や”Games People Play”なども注目だ。

なかには未発表曲で、ハンク・バラード(Hank Ballar)とデュエットした2曲のうちの1つ”Hello Sunshine”もある(もう1曲は“Let’s Go, Let’s Go, Let’s Go”)。曲のラインアップは豪華で、粗めのソウルをルーツにしたシンプルな素材で、ディープなブルースとR&Bを融合している。

ベティ・ラヴェットは、ゴスペル経歴を持たないピュアなソウルシンガーである。

ということは、ライブサウンドとして使用出来る頑丈でルーツある才能になり得るということだ。

アラン・トゥーサン(Allen Toussaint)の作品、“My Train’s Comin’ In”または”Nearer to You”をチェックしてみるといい。深く幅のあるグルーヴがお分かりいただけるだろう。

このアルバムはただ素晴らしいとしか言いようがない。どれをとってもか細い曲はなく、なぜ、ベティがスーパースターにならなかったか聴く人を不思議に思わせるだろう。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

1. At the Mercy of a Man
2. Do Your Duty
3. Easier to Say (Than Do)
4. Games People Play
5. He Made a Woman out of Me
6. I’m in Love
7. Hello Sunshine – Hank Ballard, Bettye LaVette
8. Love Made a Fool of Me
9. My Train’s Comin’ In
10. Nearer to You
11. We Got to Slip Around
12. Piece of My Heart
13. Le’ts Go, Lets Go, Let’s Go – Hank Ballard, Bettye LaVette

1969~1970 Bettye LaVette – Take Another Little Piece of My Heart の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

ザ・シスターズ・ラブ

1968~1975 The Sisters Love - Give Me You...

1970 Vivian Reed - Vivian Reed

1968 Vivian Reed - Vivian Reed

1974 Martha Reeves - Martha Reeves

1974 Martha Reeves - Martha Reeves

1972 Leslie Uggams - Try To See It My Way

1972 Leslie Uggams - Try To See It My Wa...

1971 Maxine Weldon - Chilly Wind

1971 Maxine Weldon - Chilly Wind

1973 Lea Roberts - Excuse Me I Want To Talk To You

1973 Lea Roberts - Excuse Me I Want To T...