1969 Erma Franklin – Soul Sister

1969 Erma Franklin - Soul Sister
評価投稿数: 0
0

米国のトーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』で、姉妹で出演した時、「大スターのアレサ・フランクリンを妹に持つ気分はどんな感じ?」と質問されたアーマ・フランクリン(Erma Franklin)が答えるや否や、「彼女は一人の女性よ」と妹のアレサ・フランクリンが割り込んだ。

C・L・フランクリン(C. L. Franklin)牧師とバーバラ・フランクリン(Barbara Franklin)の長女は、長年に渡り常に妹アレサの影に覆われていたものの、彼女自身の力で彼女個人としての成功を収めた。

アーマ・フランクリン(Erma Franklin)のバイオグラフィ

1961年~1966年

アーマ・フランクリンは、チェス・レコード(Chess)と契約して初期のモータウン・メンバーに名前を連ねるチャンスがあったものの、1961年、アーマはオーディションにてエピック・レコード(Epic Records)との契約を獲得する。

しかしながら、レーベルとの方向性の違いに不満を抱え、契約期間終了を待ち焦がれながら1961~66年を過ごした。

その後、突然アトランティック(Atlantic)へ活動を移し、プロデューサー兼ソングライターのバート・バーンズ(Bert Berns)がいるシャウト・レコード(Shout Records)と契約を結ぶ。

1967年

バートとジェリー・ラゴヴォイ(Jerry Ragovoy)の共同作“Piece of My Heart”は、アーマ作品で初めてのR&Bチャート曲となった。

しかし、アーマ・フランクリンが正式にLPを制作する前に、バートが突然の心臓発作にて他界し、レーベルに混乱をもたらした。その間アーマはアトランティックで妹のアレサ・フランクリンの活動をサポートし、全米やヨーロッパのツアーに同行した。

1969年

アーマ・フランクリンは、1969年、ブランズウィック・レコード(Brunswick Records)と契約。

R&Bナンバーの”Gotta Find Me a Lover (24 Hours a Day)”でわずかにヒットを飛ばし、セカンドアルバム『Soul Sister』をリリースする。

ジョニー・ペイト(Johnny Pate)、ソニー・サンダース(Sonny Sanders)、ウィリー・ヘンダーソン(Willie Henderson)らとシカゴ(Chicago)で制作したこのアルバムは、アレサのものよりも更に激しいサウンドで作り上げられており、60年代後半におけるブランズウィック一番のグルーヴとなっている。

1970年代、その後…

プロデューサーからアレサ・フランクリンとのレコーディングが提案されなかったために、再びアーマ・フランクリンはレーベルに方向性の違いを見い出すこととなる。

そして1972年、契約満期と共にデトロイトへ戻り広告会社で働き出した。

1980年から90年にかけてアレサ・フランクリンとの共演はあったりなかったり。

アーマ・フランクリンは最終的にボーイズヴィル(Boysville)という児童慈善団体で役職の地位を築いたが、2002年、がん闘病の末に他界。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

  1. By The Time I Get To Phoenix
  2. Change My Thoughts From You
  3. Light My Fire
  4. You’ve Been Cancelled
  5. For Once In My Life
  6. Can’t See My Way
  7. Hold On, I’m Comin’
  8. Saving My Love For You
  9. Son Of A Preacher Man
  10. Gotta Find Me A Lover (24 Hours A Day)
  11. Baby I Love You

1969 Erma Franklin – Soul Sisterの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

アーマ・フランクリン(Erma Franklin)のディスコグラフィ

アーマ・フランクリン(Erma Franklin)のシングル(EP)

  1. Hello Again / It’s Over 1961
  2.  What Kind of Girl / Don’t Blame Me 1961
  3. Time After Time / Don’t Wait Too Long  1962
  4. Dear Momma / Never Again ‎(7″, Single, Promo) 1962
  5. I Don’t Want No Mama’s Boy / Have You Ever Had The Blues?  1963
  6. Abracadabra / Love Is Blind 1963
  7. Big Boss Man / Don’t Catch The Dog’s Bone 1967
  8. Piece Of My Heart / Baby What You Want Me To Do 1967
  9. Piece Of My Heart / Big Boss Man 1967
  10. Piece Of My Heart / Don’t Catch The Dog’s Bone ‎(7″) 1967
  11. Open Up Your Soul 1968
  12. I’m Just Not Ready For Love / The Right To Cry 1968
  13. The Right To Cry 1968
  14. It Could’ve Been Me / I Just Don’t Need You (At All)  1969
  15. Saving My Love For You/You’ve Been Cancelled 1969
  16. Gotta Find Me A Lover (24 Hours A Day) / Change My Thoughts From You 1969
  17. Time After Time ‎(7″, EP) 1969
  18. Whispers (Gettin’ Louder) / I Get The Sweetest Feeling 1970
  19. Piece Of My Heart 1967
  20. Jackie Wilson / Erma Franklin – I Get The Sweetest Feeling 1999
  21. Erma Franklin / Laverne Baker – I Get The Sweetest Feeling / I’m The One To Do It  2012
  22. Hold On, I’m Coming / Light My Fire ‎(7″, Single, Ltd) 2016

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1962~1970 The Royalettes - The Singles Collection

1962~1970 The Royalettes - The Singles C...

1963~1965 イヴォンヌ・キャロル(Yvonne Carroll)について

1963~1965 イヴォンヌ・キャロル(Yvonne Carroll)について

Gladys Knight & the Pips - Everybody Needs Love

1967 Gladys Knight & the Pips - Everybod...