1962~1970 The Royalettes – The Singles Collection

1962~1970 The Royalettes - The Singles Collection
評価投稿数: 0
0

  「The Royalettes(ロイヤレッツ)」は、米国メリーランド州ボルチモア出身のシェイラ・ロス(Sheila Ross)、アニータ・ロス(Anita Ross)、テリー・ジョーンズ(Terry Jones)、ヴェロニカ・ブラウン(Veronica Brown)の4人組で、女性グループとスウィートなソウルテイストを掛け合わせている。

彼女たちの奏でるハーモニーは、1960年代初期の女性グループ・サウンドならではのものだが、多くのヒットを生み出したMGMレコードによるポップ指向作品の大量生産の賜物でもある。

The Royalettes(ザ・ロイヤレッツ)のバイオグラフィ

1962年

ザ・ロイヤレッツは、1962年、ボリチモアのDJバディ・ディーン(Buddy Deane)主催のタレント・コンテストで優勝したのをきっかけに発掘された。

そのコンテストで獲得したチャンセラー・レコード(Chancellor Records)との契約により2曲をリリースしたが、どれも日の目を見ることはなかった。同じく、ワーナー・ブラザース(Warner Brothers)からのリリース曲もそうだ。

1964年

1964年、ザ・ロイヤレッツはMGMと契約。アレンジャー兼プロデューサーのテディ・ランダッツォ(Teddy Randazzo)とチームを組み、DCPレコードが60年代に生み出したリトル・アンソニー&ザ・インペリアルズ(Little Anthony and The Imperials)のヒット曲すべてのプロダクションと同じ方法を利用して、アルバムを制作した。

その結果、ザ・ロイヤレッツの国内初のヒット曲となった”It’s Gonna Take a Miracle”が誕生。R&B部門では28位、ポップ部門では41位という記録を達成した。

1965年

1965年以降は、リトル・アンソニー&ザ・インペリアルズのものと区別もつかないような作品がテディによって生み続けられた。

”It’s Better Not To Know”、”I Don’t Want to Be the One”、”(He Is) My Man”、”Only When You’re Lonely”など、MGMが豪華シングル勢の制作に惜しみなく予算を組んだものの、それ以降、ザ・ロイヤレッツがチャートインすることは二度となかった。

”Only When You’re Lonely”のプロモーションが失敗に終わったのは、恐らく、シカゴを拠点に活躍していたホーリー・マクスウェル(Holly Maxwell)のバージョンの方が売れ行きが良かったせいもあるかもしれない。

1966年

2ndアルバム『The Elegant Sound Of The Royalettes』が発売される。

1967年

ザ・ロイヤレッツは、ルーレット・レコード(Roulette Records)で1967年にシングルをリリースした後は人気が下降。グループは解散した。

1970年代以降

1971年、シンガー・ソングライターのローラ・ニーロ(Laura Nyro)によって”It’s Gonna Take a Miracle”にカバーされたバージョンにより、グループが再評価される契機となった。

また、1982年には同曲がデニース・ウィリアムス(Deniece Williams)のカバーによりトップ10に浮上している。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

1. Baby are You Putting Me On
2. Love Without an End
3. Getting Through To Me
4. It’s a Big Mistake
5. Don’t Throw Me Away
6. Lonely Girl
7. I Don’t Want to Be the One
8. Shangri-La
9. It’s Better Not to Know
10. Think Before You Act
11. Let Me Know When It’s Over
12. Forever More
13. The Rest of My Life
14. I Can’t Stop Running Away
15. An Affair to Remember
16. When Summer’s Gone

1962~1970 The Royalettes – The Singles Collectionの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1962~1970 The Royalettesのディスコグラフィ

The Royalettes(ロイヤレッツ)のアルバム(LP)

『It's Gonna Take A Miracle 』(1965)  

『It’s Gonna Take A Miracle 』(1965)  

1962~1970 The Royalettes - The Singles Collection

『The Elegant Sound Of The Royalettes』 (1966)

The Royalettes(ロイヤレッツ)のシングル(EP)

  1. No Big Thing / Yesterday’s Lovers  1963
  2. Willie The Wolf / Blue Summer ‎(7″, Single) 1963
  3. Come To Me / There He Goes ‎(7″, Single, Promo)  1964
  4. Poor Boy 1965
  5. It’s Gonna Take A Miracle / Out Of Sight, Out Of Mind 1965
  6. Never Again / I Want To Meet Him 1965
  7. It’s Gonna Take A Miracle ‎(7″, EP) 1965
  8. It’s A Big Mistake / It’s Better Not To Know 1966
  9. (He Is) My Man 1966
  10. When Summer’s Gone / Love Without An End 1966
  11. An Affair To Remember (Our Love Affair)  1966
  12. You Bring Me Down / Only When You’re Lonely 1966
  13. Don’t You Cry  1966
  14. (He Is) My Man ‎(7″, Single)  1966
  15. River Of Tears   2 versions Roulette 1967 Something Wonderful ‎(7″, Single)  1968
  16. The Angels / The Royalettes – My Boyfriend’s Back / It’s Gonna Take A Miracle ‎(7″, RE)  1986
  17. It’s Gonna Take A Miracle / I Want To Meet Him ‎(7″, RE) Collectables COL 4350 1993
  18. The Angels  / The Royalettes – Thank You And Goodnight / It’s Gonna Take A Miracle ‎(7″) 発売日不明

 

 

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1963~1965 イヴォンヌ・キャロル(Yvonne Carroll)について

1963~1965 イヴォンヌ・キャロル(Yvonne Carroll)について

1969 Erma Franklin - Soul Sister

1969 Erma Franklin - Soul Sister

Gladys Knight & the Pips - Everybody Needs Love

1967 Gladys Knight & the Pips - Everybod...