1961~1978 ジュディ・クレイ(Judy Clay)について

ジュディ・クレイ(Judy Clay)について
評価投稿数: 0
0

「ジュディ・クレイ(Judy Clay)」は才能に満ちあふれたソウルシンガーだ。

1950年後半、ゴスペルグループのドリンカード・シンガーズ(Drinkard Singers)の一員として活動した後、1960年に入ると多くのゴスペル出身シンガーと同じようにソウルへと転向。

現在までに、コアなソウルファンから高く評価される秘蔵(つまりヒットしなかった)シングルを立て続けにリリースしている。

まず、ジュディ・クレイが生まれて初めて歌った熱烈なバラード曲のひとつ、ラヴェット・レコード(Lavette Recording)から1963年にリリースされた“Let It Be Me”(C/Wは”I’m Uptight”)だ。

そして翌年の1964年、小さなレーベルだったラヴェットがセプター(Scepter)に買収された時、ジュディ・クレイはディオンヌ・ワーウィック(Dionne Warwick)のレーベルから”My Arms Are Strong Enough”(C/Wは”That’s All”)を自らの力でリリースへと漕ぎ着かせる。

また、猛烈でディープな曲“Lonely People Do Foolish Things”は“I’m Coming Home”とペアとなり、同年、彼女のセカンドシングルとしてリリースされた。そしてお馴染みのように、このレコードではディー・ディー・ワーウィック(Dee Dee Warwick)、シシー・ヒューストン(Cissy Houston)など彼女の仲間の面々がバックコーラスで共演している。

1966年、ジュディ・クレイは”The Way You Look Tonight”の粋なバージョンをカップリングにした感銘的なバラード曲”Haven’t Got What It Takes”で再び注目を集めた。

セプターは”I Want You”と”Your Kind of Lovin’”をノリノリのジュディ・バージョンで同年にシングルリリースする予定でいたが、スタックス(Stax)なスタイルの”You Busted My Mind”(C/Wは”He’s the Kind of Guy”)が、セプター時代最後のリリース曲となる。

1960年代後期には、彼女はアトランティック・レコード(Atlantic Records)に移籍。

世間で初めての異色人デュオだったに違いないビリー・ヴェラ(Billy Vera)とコンビを組むことになる。Upset My Heart (Got Me so Upset)”や”Turn Back in the Time”といった同レーベルの未発表曲もこのアルバムに収録されている。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

1961~1978 ジュディ・クレイ(Judy Clay)についての口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1961~1978 ジュディ・クレイ(Judy Clay)のディスコグラフィ

ジュディ・クレイ(Judy Clay)のアルバム(LP)

ジュディ・クレイ(Judy Clay)について

『Billy Vera & Judy Clay – Storybook Children(1968)』

ジュディ・クレイ(Judy Clay)のシングル(EP)

  1. I Thought I’d Gotten Over You 1961
  2. Do You Think That’s Right / Stormy Weather 1962
  3. Let It Be Me / I’m Up Tight 1963
  4. Lonely People Do Foolish Things / I’m Comin’ Home  1964
  5. My Arms Aren’t Strong Enough / That’s All 1964
  6. You Busted My Mind 1966
  7. Billy Vera & Judy Clay – Storybook Children / Really Together  1967
  8. You Can’t Run Away From Your Heart / It Takes A Lotta Good Love  1967
  9. William Bell & Judy Clay – My Baby Specializes / Left Over Love 1968
  10. Judy Clay & William Bell – Private Number 1968
  11. Billy Vera & Judy Clay – Country Girl – City Man / Let It Be Me 1968
  12. Billy Vera & Judy Clay – Country Girl – City Man / So Good (To Be Together)  1968
  13. Billy Vera & Judy Clay – When Do We Go? / Ever Since 1968
  14. Bed Of Roses / Remove These Clouds 1966
  15. Judy Clay & William Bell – Private Number / Love-Eye-Tis  1968
  16. It Ain’t Long Enough 1968
  17. Billy Vera & Judy Clay – I’ve Been Loving You Too Long / When Do We Go / Are You Coming To My Party / Ever Since ‎(7″, EP)  1968
  18. Billy Vera & Judy Clay – Reaching For The Moon 1969
  19. Sister Pitiful / Get Together  1969
  20. Greatest Love 1970
  21. Booker T. & The MG’s* / Eddie Floyd / William Bell & Judy Clay – Time Is Tight ‎(7″, RE)  1974
  22. Judy Clay, John Rowles – Greatest Love / If I Only Had Time ‎(7″ 1975
  23. Judy Clay & William Bell – Private Number  1976
  24. Judy Clay & William Bell – My Baby Specializes / My Baby Specializes ‎(7″, Single, Promo)   1977
  25. Stayin’ Alive  1978
  26. Judy Clay & William Bell – Private Number ‎(7″, Single, Mono, RE, Sol) 1981
  27. Judy Clay & William Bell / Johnnie Taylor – Private Number / Who’s Making Love ‎(7″, Mono, Single, RE) 1985
  28. Johnnie Taylor / Judy Clay – Please Let Me In / Since You Came Along ‎(7″) 1999
  29. Judy Clay / Baby Washington – Do You Think That’s Right / I’ve Got A Feeling ‎(7″) 2014
  30. Booker T. & The MG’s / Eddie Floyd / William Bell & Judy Clay – Time Is Tight 発売日不明
  31. Billy Vera & Judy Clay – Storybook Children / Country Girl – City Man 発売日不明
  32. Georgie Fame / Judy Clay – Somebody Stole My Thunder / That’s All ‎(7″, Single) 発売日不明
  33. William Bell & Judy Clay / Booker T. & The MG’s* / Johnnie Taylor – Private Number / Mrs. Robinson / I Wanna Testify ‎(7″) 発売日不明
  34. Eddie Floyd / Judy Clay & William Bell – Bring It On Home To Me / Private Number ‎(7″, Single) 発売日不明

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1946~1966 マリー・ナイト(Marie Knight)について

1962~1966 マリー・ナイト(Marie Knight)について

1960~1963 Mable John - My Name Is Mable:The Complete Collection

1960~1963 Mable John - My Name Is Mable:...

1961 Etta James - The Second Time Around

1961 Etta James - The Second Time Around