1946~1951 Marie Knight – Hallelujah What a Song!

Marie Knight
評価投稿数: 0
0

マリー・ナイト(Marie Knight)は、アフリカ系アメリカ人ゴスペルの歴史上で最も偉大なソリストグループに属していた。最近のとある評論では、彼女の歌声を「天然の素晴らしさであり、飾り気がなく強力なインストゥルメント(楽器)だ」と表現されたほどだ。

1940年代半ば、マリーが若かりし頃、カルテットの「ザ・サンセット・フォー(The Sunset Four)」と一緒に何曲かレコーディングしたエバンジェリスト(キリスト教伝道者)であるフランシス・ロビンソン(Frances Robinson)と回った全国ゴスペル巡業によって彼女のキャリアはスタートした。

ギターを演奏したのは、多くの聴衆にゴスペル音楽をもたらしたデッカ・レコード(Decca Records)のメジャーアーティスト、サープ(Tharpe)によるものだが、彼女がマリーの歌声を初めて聴いたのは、1946年にニューヨークで行われたマヘリア・ジャクソン(Mahalia Jackson)のコンサートの時だった。2週間後、サープはニュージャージー州ニューアークにあるマリーの自宅を訪れ、ツアーに参加しないかと声を掛けた。

「オーディエンスを魅了する美しいアルトボイスを持った女性だった」

2007年に出版されたバイオグラフィー本『Shout, Sister, Shout!: The Untold Story of Rock-and-Roll Trailblazer Sister Rosetta Tharpe』でマリー自身にインタビューしたゲイル・ヴァルド(Gayle Wald)は言う。

1940年後半、マリーとサープはクラブやアリーナ、教会や講堂など全土各地をツアーで回った。

「一晩限りのショーも多く、そのたびに移動は過酷だったけど、ステージはいつも楽しかった」2005年、ニューヨークのTimes Union of Albany紙でマリーそう語っている。

マリーとサープの音楽は、クラシックなゴスペルデュエットである”Up Above My Head”、”Beams of Heaven”、”Didn’t It Rain”が一番よく知られている。

「彼女達の声が重なり合う部分は、ダイナミックで盛り上がりのあるサウンドだった。それが彼女達のデュエットの一種の特徴で、歌声に動きがあってジャズの響きに近いものがあった」」とヴァルド。

サープとマリーは、一緒にレコーディングをしてから数年後の1955年、ニューヨークの有名なジャズクラブでの公演など時折ステージを共にする以外は共同作業をすることがなくなった。

1960年になると、マリーはR&Bのキャリアを追求し始め、ブルック・ベントン(Brook Benton)、The Drifters(ドリフターズ)、クライド・マクファター(Clyde McPhatter)らと共にツアーを行った。そのようなしばらくの中断の後、1970年代半ばに彼女は再びゴスペル音楽へと戻ることになる。

この22曲のコンピレーションには、マリーの1946年から1951年までの作品と、サム・プライス・トリオ/カルテット(Sam Price Trio/Quartet)、ザ・ナイチンゲールズ(The Nightingales)、シスター・ロゼッタ・サープ(Sister Rosetta Tharpe)、ザ・サンセット・フォー、ザ・ディペンダブル・ボーイズ(The Dependable Boys)らとのコラボレーション曲が含まれている。

中でも特に、”In the Shaded Green Pastures”、”Hallelujah What a Song”、”I Thank You Jesus”はおすすめである。

ソロのゴスペルシンガーだったとはいえ、過去20年の間にその世界でマリーの姿を見かけることは少なくなっていった。しかし、2001年の秋、彼女はまだニューヨークで教会活動を行なうなど、その道で健在であることがアンソニー・ヘイルバット(Anthony Heilbut)によって証明された。

残念ながら、マリーは2009年8月30日、ニューヨークで肺炎のため死去。帰らぬ人となった。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

1:  Land Beyond The River
2:  What Could I Do
3:  Where Could I Go But To The Lord
4:  Florida Storm
5:  Gospel Train
6:  I’ll Let Nothin’ Separate Me From The Lord
7:  Just To Behold His Face
8:  Hallelujah What A Song
9:  Didn’t It Rain Children
10:  He’s All I Need – Marie Knight
11:  Negro National Anthem
12:  I Can’t Forget, Can You
13:  I Thank You Jesus
14:  Jesus Loves Me
15:  Live The Life
16:  Seal Of Heaven
17:  In The Shaded Green Pastures
18:  Lord Search My Heart
19:  His Eye Is On The Sparrow
20:  Satisfied With Jesus
21:  Old Rugged Cross
22:  Milky White Way

1946~1951 Marie Knight – Hallelujah What a Song! の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事

1957 Linda Hopkins - Rock and Roll Blues

1951 Linda Hopkins - Rock and Roll Blues

ビッグ・メイベル・スミス(Big Maybelle Smith)について

ビッグ・メイベル・スミス(Big Maybelle Smith)について