1975 ガジェタ(Galleta) – Galleta

評価投稿数: 0
0

1975年、カルロス・イトゥルビデ(Carlos Iturbide)はリードギターのエドゥアルド・サンツ(Eduardo Sanz)、ベースのリト・オルモス(Lito Olmos)、ドラムのホセ・マリア(José María)を迎え、バンドを4人組へと再編成を行った。

その結果バンド名は「トリオ・ガジェタ(Trio Galleta)」から「ガジェタ(Galleta)」に変わり、本作品はその数ヶ月後に発表された。

同グループの初期時代からのスタイルであるソウル・ロックはそのままではあったが、「テン・イヤーズ・アフター(Ten Years After)」など、イギリスのハードロックバンドのカバーも手掛けるようになった。

当時はラテンアメリカの混乱の時代であり、英語で歌い続ける事は社会に背いていると捉えられていた為、期待していた程アルバムは売れず、バンドは解散に追い込まれた。

出典:http://naveargenta.blogspot.jp/2016/09/galleta-galleta-1975.html

【曲目】

1. Querida Eloisa (Dear Eloise)
2. Algo Maravilloso (Some Kind Of Wonderful)
3. Cuando Un Hombre Ama A Una Mujer (When A Man Loves A Woman)
4. Querida, Querida (Darling, Darling)
5. Tormentoso (Stormy)
6. A Mi Me Gusta El Boogie (I Want To Boogie)
7. Mr. Music Man
8. Problema (Trouble)
9. Cometiste Un Error
10. Por Favor Cromprendeme
11. Me Estas Volviendo Loco (You’re Driving Me Crazy)
12. Toma El Mundo Por Tu Casa

1975 ガジェタ(Galleta) – Galletaの口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

1975 ガジェタ(Galleta) – Galletaのメンバー

Carlos Iturbide(Vocal, Rhythm guitar)
Eduardo “Chino” Sanz(Lead guitar)
José maría “Mono”(Percussion)
Lito Olmos(Electric Bass)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。