1974 ワバシュ・レザレクション(Wabash Resurrection)- Get It Off!

1974 Wabash Resurrection - Get It Off!

評価投稿数: 0
0

「ワバシュ・レザレクション(Wabash Resurrection)」は、タフで荒削りな南部の雰囲気をもったロックバンドだ。

メジャーデビュー前のレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)のようなサウンドといえば想像がつくだろう。

アルバムの表紙を見れば、彼らの役割やタレント性がよくわかる。

最初のトラック①”PigstyBlue”は、「keeping yer sheeet good and your feet flat on the ground(現実的に物事を見ろ)」という歌詞が印象的である。

②”A Soldier’s Lament”は、ドラムの響き、グルーヴィーなギター、完璧に落ち着いたトーンのボーカルで、おそらくベストトラックと言える仕上がりである。

⑤”In Heat”は、「“I dig those Rhythm and Blues/Don’t try to tell me ‘bout no astral projections/I got horse shit on my shoes”.」の歌詞がすべてを表している。

カウボーイハットをかぶったリードボーカリストが、ヒッピー全盛期に疑わし気な視線を投げかけている当時のライブ映像を思い浮かべることができるだろう。

Written by Marios

【曲目】

1. Pigsty Blues
2. A Soldier’s Lament
3. Feelin’ Good
4. Country Heartache
5. In Heat
6. The Angel Came And Went
7. Society Woman
8. You Need Someone

1974 ワバシュ・レザレクション(Wabash Resurrection)- Get It Off!の口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

1974 ワバシュ・レザレクション(Wabash Resurrection)- Get It Off!のメンバー

Bud Bailey – Vocals, Guitar
Larry “Pipes” Lemons – Bass
Doug Oakley – Drums, Vocals

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。