1973 ベイビー・ワシントンとドン・ガーディナー(Baby Washington & Don Gardner) – Lay A Little Lovin’ On Me

1973 Baby Washington & Don Gardner - Lay A Little Lovin' On Me

評価投稿数: 0
0

古き60年代のソウルスター、「ベイビー・ワシントン(Baby Washington)」とドン・ガードナー(Don Gardner)は1973年のスイートなデュエットアルバム『Lay a Little Lovin’ on Me』でタッグを組んだ。

ドン・ガードナーは以前ディー・ディー・フォード(Dee Dee Ford)と一緒に歌っていたが、2人のヴォーカルの掛け合いで一方がよりリードするという同じヴォーカル・スタイルはベイビーとの共演でも見られる。 

曲調は70’sのインディーソウル的なグルーヴがあり、特にスムーズなナンバーが最高だ。

アレンジは、ボビー・マーティン(Bobby Martin)、バート・ド・コトー(Burt De Coteaux)、ポール・ライザー(Paul Riser)の3名によるもので、”We’re Gonna Make It Big”や”I Just Want to Be Near to You”、”Baby Let Me Get Close to You”、”aby Let Me Get Close to You”、”Can’t Get Over Losing You”、”Lay a Little Lovin’ on Me”などの曲が含まれている。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

SIDE-A
01 Lay A Little Lovin’ On Me
02 Forever
03 I’ve Got To Break Away
04 Just Stand By Me
05 Baby Let Me Get Close To You

SIDE-B
01 I Just Want To Be Near To You
02 Is It True I Fell In Love Again
03 Carefree
04 We’re Gonna Make It Big
05 Can’t Get Over Losing You

1973 ベイビー・ワシントンとドン・ガーディナー(Baby Washington & Don Gardner) – Lay A Little Lovin’ On Meの口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。