1972~1975 バラバス(Barrabás)- Sus Primeras Grabaciones

1972~1975 バラバス(Barrabas)- Sus Primeras Grabaciones

評価投稿数: 0
0

「バラバス(Barrabás)」は、元ロス・ブリンコス(Los Brincos)のリーダーだったドラマーのフェルナンド・アルベックス(Fernando Arbex)が1970年代の初め頃に結成したスペインのロック・グループである。

メンバー
  • Fernando Arbex – ドラム (1971–72)
  • Iñaki Egaña – ベース, ボーカル (1971–72)
  • Ernesto “Tito” Duarte – サックス,フルート,ドラム,パーカッション (1971–77)
  • Ricky Morales – リード・ギター,ボーカル (1971–77)
  • Miguel Morales – ギター,ベース,ボーカル (1971–77)
  • Juan Vidal – キーボード,ボーカル (1971–77)
  • José Luis Tejada  – ボーカル (1972–77)
  • José María Moll – ドラム (1972–74)
  • Daniel Louis – ドラム (1974–77)

1972~1975 バラバス(Barrabás)- Sus Primeras Grabaciones の詳細

「バラバス」の結成時には、ティト・ドゥアルテ(Tito Duarte)、ミゲル・モラレス(Miguel Morales)、リッキー・モラレス(Ricky Morales)、イグナシオ・エガナ(Ignacio Egana)、ジョアン・ヴィダル(Joao Vidal)を入れた6人組だった。

メンバーは時々交代し、ボーカリストのホセ・ルイス・テハダ(Jose Luis Tejada)がラインナップに加わったことが最も大きな変化だった。

今作までの発表アルバム
  1. 『Wild Safari – 1971』
  2. 『Power – 1973』
  3. 『¡Soltad a Barrabás! – 1974』
  4. 『Heart of the City – 1975』
  5. 『Watch Out – 1975』

スペイン、マドリード(Madrid)を拠点とするこのグループは、ファンクとサイケデリック・ロックの影響を等しく受け、サンタナ(Santana)からヒントを得た。

「バラバス(Barrabás)」はキャリアの中で、ジャズ・ファンクやディスコにも手を出した。何ヶ国かのクラブでよく使われるようになったシングルもあった。

ファースト・アルバムである、1972年の『Wild Safari』から、彼らの最大のヒット曲”Woman”が誕生。

1977年のセルフ・タイトル・アルバムの後、グループは解散した。

アルベックスは、1980年代初め頃にラインナップを少し変えてグループを復活させた。それからグループは2枚のアルバムをリリースし、とうとう永久に消滅した。

注意:「バラバス」の名でリリースした2枚の「コンピレーション」の『Grandes Exitos』と『Vive』は、オリジナル・メンバーによる作品ではない。

【曲目】

1. Wild Safari (05:10)
2. Try And Try (06:15)
3. Only For Men (03:35)
4. Never In This World (03:30)
5. Woman (05:50)
6. Cheer Up (04:00)
7. Rock And Roll Everybody (03:50)
8. Chicco (03:50)
9. Mr. Money (03:23)
10. Boogie Rock (03:06)
11. Keep On Moving (03:13)
12. The Horse (04:45)
13. Casanova (03:36)
14. You Know (03:30)
15. Children (04:02)
16. Time To Love (04:07)
17. Hi-Jack (05:46)
18. Mad Love (04:15)
19. Funky Baby (03:56)
20. Lady Love (04:14)
21. Susie Wong (04:32)
22. Humanity (03:24)
23. Tell Me The Thing (03:18)
24. Fly Away (04:26)
25. Concert (04:15)
26. Checkmate (04:28)
27. Take A Wild Ride (04:00)
28. Along The Shore (06:06)
29. Make It Easy (03:54)
30. Family Size (03:21)
31. Mellow Blow (04:12)
32. Thank You Love (04:45)
33. Four Season Woman (03:57)

1972~1975 バラバス(Barrabás)- Sus Primeras Grabaciones の口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

1972~1975 バラバス(Barrabás)- Sus Primeras Grabaciones のメンバー

Fernando Arbex – ドラム (1971–72)
Iñaki Egaña – ベース, ボーカル (1971–72)
Ernesto “Tito” Duarte – サックス,フルート,ドラム,パーカッション (1971–77)
Ricky Morales – リード・ギター,ボーカル (1971–77)
Miguel Morales – ギター,ベース,ボーカル (1971–77)
Juan Vidal – キーボード,ボーカル (1971–77)
José Luis Tejada  – ボーカル (1972–77)
José María Moll – ドラム (1972–74)
Daniel Louis – ドラム (1974–77)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。