1972 オーディエンス(Audience ) – Lunch

1972 Audience - Lunch

評価投稿数: 1
5

オーディエンス(Audience )は、セミプロフェッショナルのソウルバンドLloyd Alexander Real Estateから生まれた。

ジョン・リチャードソン(John Richardson)はルベッツ(The Rubettes)を結成するために、オーディエンスに入らなかった。

ハワード・ワース(Howard Werth)、トラヴァー・ウィリアムズ(Trevor Williams)、キース・ジェメル(Keith Gemmell)は、トニー・コナー(Tony Connor)のことを思い出す。

コナーは、前のバンドのオーディションで、惜しくも不合格だったのだ。そして、コナーはオーディエンスのメンバーに参加。

バントは新たにスタートを切った。

オーディエンスは3枚のアルバムを制作。

1枚目のアルバムは『Friend’s Friend’s Friend』。2枚目のアルバムは『House on the Hill』。『 Lunch』は3枚目のアルバムである。

“Indian Summer”はシングル・リリースされ、Billboard Hot100にも入った。

その当時、彼らは実質的に3年もの間ノンストップで働き続け、疲労困憊していた。

ロッド・スチュワート(Rod Stewart) と フェイセズ(The Faces)とのUSツアーは成功したものの、ジェメルがバンドを脱退。

未完成だったアルバム『Lunch』は、ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)、マッド・ドッグズ(Mad Dogs)、イングリッシュメン・ブラス・セクション(Englishmen brass section)、ジム・プライス(Jim Price)、ボビー・キーズ(Bobby Keys)の協力を得て、完成した。

浄化されるようなエレクトリック・フォークとプログレッシブ・ロックのアルバムだ。

Written by Marios

【曲目】

1. Stand by the Door
2. Seven Sore Bruises
3. Hula Girl
4. Ain’t the Man You Need
5. In Accord
6. Barracuda Dan
7. Thunder and Lightning
8. Party Games
9. Trombone Gulch
10.Buy Me an Island (Howard Werth)
11.Grief And Disbelief
12.Hard Cruel World
13.Elixir Of Youth

1972 オーディエンス(Audience ) – Lunchの口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

1972 オーディエンス(Audience ) – Lunchのメンバー

Audienc

Howard Werth – Guitar, Vocals
Tony Connor – Drums, Marimba, Vibraphone
Gus Dudgeon – Percussion
Keith Gemmell – Clarinet, Flute, Wind
Nick Judd – Piano, Keyboards
Bobby Keys – Saxophone
Jim Price – Trombone, Trumpet, Horn
Trevor Williams – Bass, Keyboards, Vocals

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。