1972 バッファロー(Buffalo) – Dead Forever

1972 バッファロー(Buffalo) - Dead Forever

評価投稿数: 0
0

オーストラリアのロックバンド「バッファロー(Buffalo) 」が1972年に発売したファーストアルバム『Dead Forever』は、バッファローが所属していたイギリスの実験的で新しいレコード会社「ヴァーティゴ・レコード(Vertigo Records)」はブラック・サバス(Black Sabbath)の『Vol. 4』よりもクオリティー、制作、音楽的に優れている!と豪語した。

レコーディング・メンバー
  • Dave Tice – リード・ボーカル
  • Alan Milano – リード・ボーカル
  • Peter Wells – ベース
  • John Baxter – ギター
  • Paul Balbi – ドラム

この大げさな宣伝広告は、新しいものではないが、この話題性のあるレコード会社の発言は、大いに誤っておりバンドにとって不公平で、「バッファロー(Buffalo)」の能力について概して不適切に表現したものである。

1972 バッファロー(Buffalo) – Dead Forever の詳細

知名度の高い「ブラックサバス」は彼らに最も大きな影響を与えたが、ヘヴィー・メタル以外の大部分に関しては、彼らはサバスとは大きく異なっている。

当時10代だったバッファローのメンバーが奏でるサウンドは、彼らのヒーローであったブラックサバスの世界を模写して苦戦しているようなサウンドではなく、バレット(Barrett)発売後のピンク・フロイド(Pink Floyd)に近い。

別世界的なトーンで始まるボーカルが特徴的な”Suzy Sunshine”がそのいい例。

ギタリストのジョン・バクスター(John Baxter)の才能もここで明らかになる。”Pay My Dues”における、彼の味わい深い、ジミ・ヘンドリックスにインスパイアされたイントロは印象的だ。

このブルース・イメージ(Blues Image)のカヴァー曲では、後に2人のリード・ボーカルの素晴らしいトレード・オフがフィーチャーされる。(2人は、楽器は演奏していない。)

そして、フリー(Free)の”I’m A Mover”ではボーカリストの1人または両方が、メタル・ファンが誇るであろうハイ・ノートを聴かせてくれる。

”Ballad Of Irving Fink”はさらに良いボーカルの、グラム・ロックに近いブギー・ロックだ。

そして”Bean Stew”は、1960年代後期のガレージと1970年代初期のハード・ロックの交差地点に立った作品である。まさにハイライトとなる楽曲だ。

”Forrest Rain”は回り道をした楽曲で、ムーディーで哀愁が漂っている。この曲には軽めのサイケデリック・サウンドトラックとオジーのような叙情的な正直さが見られる。

発表アルバム

Only Want You for Your Body

  1. 『Dead Forever… (1972) 』
  2. Volcanic Rock  (1973)
  3. 『Only Want You for Your Body  (1974) 』
  4. 『Mother’s Choice  (1976) 』
  5. 『Average Rock ‘n’ Roller (1977) 』
【曲目】

01. Leader (Tice, Baxter, Wells) – 6:03
02. Suzie Sunshine (Brett, Baxter) – 2:53
03. Pay My Dues (Lala, Pinera) – 5:34
04. I’m A Mover (Rodgers, Fraser) – 10:46
05. Ballad Of Irving Fink (Milano, Baxter) – 4:30
06. Bean Stew (Tice, Baxter) – 7:05
07. Forest Rain (Tice, Baxter) – 6:30
08. Dead Forever (Tice, Baxter) – 5:39
Bonus Tracks: HEAD Single, 1971:
09. Hobo (Recording By Head) (Tice, Baxter) – 2:48
10. Sad Song, Then (Recording By Head) (Baxter) – 2:37
BUFFALO Non-Album Single, 1972:
11. No Particular Place To Go (Chuck Berry) – 4:53
12. Just A Little Rock And Roll (A Shot Of Rhythm And Blues) (Terry Thompson) – 2:24
13. Barbershop Rock (Baxter) – 5:07

1972 バッファロー(Buffalo) – Dead Forever の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1972 バッファロー(Buffalo) – Dead Foreverのメンバー

Dave Tice – リード・ボーカル
Alan Milano – リード・ボーカル
Peter Wells – ベース
John Baxter – ギター
Paul Balbi – ドラム

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。