1971 エスター・フィリップス(Esther Phillips)- From a Whisper to a Scream

1971 Esther Phillips - From a Whisper to a Scream

評価投稿数: 0
0

エスター・フィリップス(Esther Phillips)の偉大ともといえるアルバム、1971年の『Whisper to a Scream』は、1970年代の彼女のサウンドを変革させた。

『Whisper to a Scream』には以前のものよりも更にジャズ系のアプローチが感じられ、良質のファンクのサウンドでまとめられている。エレクトリック感が強調されてはいるが、ジェームス・ブラウン(James Brown)とのフレッシュな音作りをしたピー・ウィー・エリス(Pee Wee Ellis)のアレンジにただ感謝したくなる。

最高のグルーヴ感を放つこのアルバムは、70年代初期のクードゥ・レーベル(Kudu)の作品の中で一番の出来と言えるだろう。ソウル、ジャズ、ファンクとの申し分ないブレンドは、どんなパーティにも合うように洗練された新しいレベルに包まれている。

演奏メンバーは、キーボードにリチャード・ティー(Richard Tee)、ギターにエリック・ゲール(Eric Gale)、ドラムにバーナード・パーディ(Bernard Purdie)、パーカッションにアイアート(Airto)、そしてアルトサックスにハンク・クロフォード(Hank Crawford)などの面々が揃い、曲目には、ギル・スコット・ヘロン(Gil Scott Heron)の”Home Is Where the Hatred Is”、そして”From a Whisper to a Scream”、”Till My Back Ain’t Got No Bone”、”That’s All Right with Me”、”Scarred Knees”、”Baby, I’m for Real”などが入っている。

出典:Classic and Rare Soul Sisters 50s – 70s

【曲目】

1. HOME IS WHERE THE HATRED IS
2. FROM A WHISPER TO A SCREAM
3. TO LAY DOWN BESIDE YOU
4. THAT’S ALL RIGHT WITH ME
5. ‘TIL MY BACK AIN’T GOT NO BONE
6. SWEET TOUCH OF LOVE
7. BABY, I’M FOR REAL
8. YOUR LOVE IS SO DOGGONE GOOD
9. SCARRED KNEES
10. HOW BLUE CAN YOU GET (Bonus Track)
11. BROTHER, BROTHER (Bonus Track)
12. DON’T RUN TO HIM (Bonus Track)
13. A BEAUTIFUL FRIENDSHIP (Bonus Track)

1971 エスター・フィリップス(Esther Phillips)- From a Whisper to a Screamの口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。