1970~1972 カクタス(Cactus)- Fully Unleashed The Live Gigs Vol. 1

1970~1972 カクタス(Cactus)- Fully Unleashed The Live Gigs Vol. 1

評価投稿数: 0
0

アメリカのブルース・ロック・グループの「カクタス(Cactus)」のパフォーマンスは、複数のアーティストの楽曲が収録されたコレクションの何曲かと『’Ot ‘N’ Sweaty』(1972年)に収録されている3曲を除けば、この作品をリリースするまでは不十分なものだった。

メンバー

  • Tim Bogert – ベース、ボーカル
  • Carmine Appice – ドラム、パーカッション、ボーカル
  • Jim McCarty – ギター
  • Rusty Day – ボーカル、ハーモニカ

『Fully Unleashed:The Live Gigs』(2004年)は、同様に完璧な作品『Barely Contained:The Studio Sessions』(2004年)への手引きとなる作品である。

2枚組のそれぞれには、コンボの4つの長尺曲だけでなく、多くの注目に値する作品と過去の飛躍するきっかけになった作品も収録されている。

1971年12月19日にテネシー州メンフィス(Memphis,TN)のエリス・オーディトリウム(Ellis Auditorium)で行われた、「カクタス」の最初のメンバーでの最後のコンサートなどでは、曲の長さが2時間以上あったことを考えると、その長さは控えめであると言える。

ジム・マッカーティー(Jim McCarty)の物悲しいリード・エレクトリック・ギターによる”Long Tall Sally”へのイントロダクションは、他のクラシックをカヴァーして、ハードでヘヴィーにその音楽を粉砕しては膨らませるのを繰り返す、彼らの音楽性を示している。

そういった楽曲のうちにはモーズ・アリソン(Mose Allison)の”Parchment Farm”という、彼らの(いうならば)決定的な作品や、”Heeby Jeebies”と”Money”に加えて、メンフィスにふさわしい”Hound Dog”と”What’d I Say”を含む「17分以上のオールディーズ・メドレー」といったものがある。

オリジナルのリストでは”No Need To Worry”と、1970年の『Isle Of Wight』のパフォーマンスからの扇情的な1曲”Parchment Farm”をさらにフィーチャーしている。

両方とも最初は『First Great Rock Festivals Of The Seventies』(1971年)のアンソロジーで聴くことが出来たが、以前はCDには収録されていなかった。

長くは続かなかったロン・リージャック(Ron Leejack)=ギター を加えたラインナップでの演奏を、1971年6月27日のニューヨーク(New York)のギリアンズ・イン・バッファローでの演奏のタイトルトラック”One Way…Or Another”と”Bro. Bill”で聴くことが出来る。

他の曲はヴェルナー・フリッチング(Werner Fritzsching)=ギター と、ピーター・フレンチ(Peter French)=ボーカル、元アトミック・ルースター(Atomic Rooster)のメンバー と共演した、1972年4月のプエルトリコ(Puerto Rico)のマル・イ・ソル・ポップ・フェスティバルからの音源である。

”Swim”、”Bad Mother Boogie”、”Out L’il Rock-N-Roll Thing”は『’Ot ‘N’ Sweaty』に収録されており、”Bedroom Mazurka”は絶版になっている『Mar y Sol』(1972年)のコンピレーションで見つけることが出来る。

1970~1972 カクタス(Cactus)- Fully Unleashed The Live Gigs Vol. 1 の曲目

曲目

Disc 1:
01. Into / Long Tall Sally (R.Bumps Blackwell, E. Johnson, R. Penniman) – 12:16
02. Bad Drag (J. McCarty, R. Day) – 3:10
03. Evil (C. Burnett) – 16:11
04. Parchman Farm (Mose Allison) – 6:21
05. Alaska (J. McCarty, T. Bogert, R. Day) – 3:56
06. Oleo – 11:20
07. No Need To Worry – 20:18
08. Let Me Swim – 5:06

Disc 2:
01. Big Mama Boogie – Parts 1 & 2 – 15:31
02. Medley – 17:04
.a.Heeby Jeebies (Jackson, Marascalico)
.b.Money (Gordy, Bradford)
.c.Hound Dog (Leiber, Stoller)
.d.What’d I Say (R. Charles)
03. No Need To Worry – 5:08
04. Parchman Farm (Mose Allison) – 4:30
05. One Way… Or Another – 9:14
06. Bro. Bill – 6:12
07. Swim – 4:44
08. Bad Mother Boogie (Appice, Bogert, French, Fritzchings, Hitchings) – 5:25
09. Our Lil Rock-N-Roll Thing (Appice, Bogert, French, Fritzchings, Hitchings) – 7:00
10.Bedroom Mazurka (Hitchings, French) – 4:58

1970~1972 カクタス(Cactus)- Fully Unleashed The Live Gigs Vol. 1 の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

同類ジャンルの記事

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう