1970 ウェイト(Wight)- One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog

1970 Weight - One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog

評価投稿数: 0
0

「ウェイト(Wight)」は、ブライアン・キャシディ(Brian Cassidy)=ボーカル/ベース、ピーター・マージ(Peter Masi)=ボーカル/キーボード/ギター/ハーモニカ、トニ・クリスマス(Toni Christmas)=ギター/ボーカル、ノエル・キャシディ(Noel Cassidy)=ドラム/ウォッシュボード/ボーカル をメンバーとする、アメリカのサイケデリック・ブルース・バンドである。

1970年に発表した「ウェイト」は発表した唯一のアルバム『One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog 』は、プログレッシヴ・サイケにカテゴライズされている。

幾分アーロ・ガスリーのテイストが感じられる①”The Night The Pig Got Loose”で始まり、そしてボブ・ディラン(Bob Dylan)の”I Shall Be Released”のようなバラード②”Mr.M, Mr.N, and Mr.C (With Help From Mr.D”へと移る。(おかしなタイトルであるが、おそらくMr.Dとはディランを指していると思われる。)

アルバムが進むにつれ、オールマン・ブラザーズ・バンド(the Allman Brothers Band)にも似たギターとオルガンのインタープレイが聞かれ、プログレッシブスタイル同様、サザンロックテイストであるとも言える仕上がりとなっている。

Written by Marios

【曲目】

1. The Night The Pig Got Loose
2. Mr. M, Mr. N. And Mr. C (With Help From Mr. D)
3. I’m Sure We’re Gonna Die3
4. Overhead Ego
5. Disillusion # 1
6. Open Up Your Gate
7. The Reason Why We’re Here

1970 ウェイト(Wight)- One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog の口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

1970 ウェイト(Wight)- One Man’s Queen Is Another Man’s Sweat Hog のメンバー

Brian Cassidy – Vocals, Bass
Noel Cassidy – Drums, Washboard, Vocals
Toni Christmas – Guitar, Vocals
Peter Masi – Vocals, Keyboards, Guitar, Harmonica

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。