1969 ロリ・ジマーマン(Lorri Zimmerman)- Lorri Zimmerman

1969 ロリ・ジンマーマン(Lorri Zimmerman)- Lorri Zimmerman

評価投稿数: 0
0

1969年に発表された『Lorri Zimmerman 』は、1960年代後半に活動していたサイケデリックバンド「ライフ(Life)」の女性ボーカルだったロリ・ジマーマン(Lorri Zimmerman)が吹き込んだ1stソロアルバム。

彼女の歌声はフォーク・シンガーの声質なのだが、バックサウンドが1960年代後期のサイケ・ロック&アシッド・フォークなので、特別な雰囲気がアルバム全体を覆っている。

1969 ロリ・ジマーマン(Lorri Zimmerman)- Lorri Zimmermanとは?

あまり知られていない女性サイケ・シンガーの1人である「ロリ・ジマーマン(Lorri Zimmerman)」は、「The Like Young」というテレビのタレント・ショーのオーディションからそのキャリアをスタートした。

そして、多くのパフォーマーが出演するショー・アルバムに参加しないかという誘いを受けた。

1968年

2年後の1968年に、彼女は「ムンクス(Munks)」というバンドと出会い、スウィート・ローライン・アンド・ザ・ムンクス(Sweet Loraine & the Munks)のメンバーとして1年間ほど活動し、その後解散。それぞれの道を歩むこととなった。

ロリ・ジマーマンはすぐに、カナダのモントリオールを拠点とするポリドールレコードのサイケデリック・バンド『ライフ(Life)』にボーカリストとして参加。すでに「ライフ」は”Hands Of The Clock”のシングルをヒットさせていた。

1969年

残念ながら「ライフ」はアルバムを作ることなく1969年に解散し、彼女は音楽出版社のチャペル株式会社(Chappell & Co. Ltd)で数曲のデモの制作を始め、それがロリ・ジマーマンの唯一のソロ・アルバムの『Crescent City』のレコーディングに繋がったのだ。

このアルバムは目立たないアンダーグラウンドのポップ/ロック(にサイケの要素が加わった)レコードは、2007年にフォールアウト・レコード(Fallout Records)でCDで再販されるまでは、アンダーグラウンドの激レア作品だった。

1969 ロリ・ジマーマン(Lorri Zimmerman)- Lorri Zimmerman の曲目

曲目

01. Don’t Twist My Mind – 2:49
02. You’re The One – 2:14
03. Contemplation – 3:04
04. Bidin’ My Time – 4:16
05. Just To Say Goodbye – 3:40
06. Theme For An Imaginary Western – 4:41
07. Cause The World Is Mine – 3:18
08. Paint Me A Picture – 4:01
09. Love Me, Love My Children – 3:28
10. Children Of The Universe – 2:39

1969 ロリ・ジマーマン(Lorri Zimmerman)- Lorri Zimmerman の口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

同類ジャンルの記事

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。