1969 ストーン・サーカス(Stone Circus)- Stone Circus

1969 Stone Circus - Stone Circus

評価投稿数: 0
0

ストーン・サーカス(Stone Circus)は、サイケデリックとハモンド・オルガンが融合された浮遊感が魅力のアメリカンサイケ・バンドである。

1969年に、ニューヨークで知り合ったカナダ人ミュージシャンの集まりがメインストリーム・レーベル(レコード会社)に録音(残した)『ストーン・サーカス(Stone Circus)』が唯一の作品。

メンバー
  • Sonny Haines – リード・ギター
  • Ronnie Paige – リード・ボーカル
  • Jonathan Caine – オルガン
  • David Keeler – ベース
  • Mike Burns – ドラム

バンドのリーダー兼チーフ・ソングライターは、オルガニストのジョナサン・ケイン(Jonathan Caine=本名はラリー・コーエン Larry Cohen))だった。

ジョナサン・ケインは、1948年にカナダのモントリオールで生まれ、14歳でモントリオール交響楽団の客員ソリストになり、1968年にケベック音楽学校を卒業し、アメリカの東海岸に移り住んだ。

そこで彼は、同じカナダのモントリオール出身でボーカルのロニー・ペイジ(Ronnie Paige)、ベースのデイヴィッド・キーラー(David Keeler)、ドラマーのマイク・バーンズ(Mike Burns)、そしてリードギターのソニー・ヘインズ(Sonny Haines)=ギター と友達となり、バンドを組むことに…

彼らはニューヨークを拠点とし、自分たちを「ファンキー・ファーム(The Funky Farm)」と名付け活動。するとラッキーなことにすぐにアルバムをレコーディングするチャンスを得た。

契約したメインストリーム・レーベルは、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー、テッド・ニュージェントのアンボイ・デュークスなど、才能のあるアーティストがアルバムを発表している、

アーティストの登竜門といえるレコード会社だ。

1969年に発売された『ストーン・サーカス』は、メロディックなサイケ・ポップと実験的なアシッド・ロックが融合した最高の作品が出来上がった。

彼ら「ストーン・サーカス」の作品の幅は広く、メロウでキャッチーなポップである①”What Went Wrong?”と⑥”Sara Wells”、ハードなロックの③”Mr. Grey”と⑦”Inside-Out Man”)、最後の長編作品⑨”People I One Knew”は、本当に奇怪なナンバー。

バンドは1969年にアルバム(LP)がリリースされた時に、初めてバンド名を「ファンキー・ファーム」から、「ストーン・サーカス」に変更し、周りを驚かせたが、ヒットはせず、彼らは分裂解散となった。

ジョナサン・ケインは本名のラリー・コーエンに戻し、1970年代に入って、贅沢な2枚組のパッケージの奇抜な作品『Diary Of Mr. Gray』で、フットプリンツのシンガー、エンク・バリー(Yank Barry)とコラボレートしている。

(この作品には「ストーン・サーカス」時代の”Mr. Gray”のカヴァーが収録されているのでチェック!)

そしてその後は、ラリー・コーエンは、B級映画の音楽の作曲家としてのキャリアに乗り出した。

サイケデリックの専門家は「ストーン・サーカス」の他のメンバーの音楽が遅ればせながら認知されることを願っているのだが、彼らが有名になることはなかった。

ひとくちメモ
1960年代後半に、シカゴに拠点をおいていたボブ・シャッド(Bob Shad)が経営するメインストリーム・レコードには、当時、日の目を見ることがなかった数多くのアンダーグラウンドのアルバム、ボヘミアン・ヴェンデッタ(Bohemian Vendetta)、アート・オブ・ラヴィン(the Art Of Lovin’)、グロウイング・コンサーン(Growing Concern)、エリー・ポップ(Ellie Pop)、ジェリー・ビーン・バンディッツ(The Jelly Bean Bandits)、オリエント・エクスプレス(The Orient Express)といったアーティストの作品が存在している。

 

The Stone Circus

【曲目】

1. What Went Wrong (Caine) – 2:27
2. Adam’s Lament (Caine) – 2:36
3. Mr. Grey (Caine) – 3:07
4. Blue Funk (Murphy) – 2:36
5. Carnival Of Love (Caine) – 3:01
6. Sara Wells (Murphy) – 3:08
7. Inside-Out Man (Caine, Murphy) – 5:11
8. Camino Real (Caine, Murphy) – 3:33
9. People I Once Knew (Caine) – 7:00

1969 ストーン・サーカス(Stone Circus)- Stone Circus の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

11969 ストーン・サーカス(Stone Circus)- Stone Circus のメンバー

Sonny Haines – リード・ギター
Ronnie Paige – リード・ボーカル
Jonathan Caine – オルガン
David Keeler – ベース
Mike Burns – ドラム

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。