1968 ローン・スター(Lone Star)- Vuelve el Rock

1968 ローン・スター(Lone Star)- Vuelve el Rock

評価投稿数: 0
0

このローン・スター(Lone Star)は、UFOのギタリストが在籍していたブリティッシュ・ハードロックバンドではなく、バルセロナ出身の1960年~1970年代に活躍した「スペイン」でもっとも古いロックバンドの1つである。

レコーディング・メンバー
  • Pedro Gené – ボーカル
  • Willy Nab – リード・ギター
  • Rafael de la Vega – ベース・ギター
  • Enrique Fusté – ピアノ
  • Enrique López – ドラム

1968 ローン・スター(Lone Star)- Vuelve el Rock のバイオグラフィ

1968 ローン・スター(Lone Star)- Vuelve el Rock のバイオグラフィ

音楽学科のミージシャンだったペドロ・ジェネ(Pedro Gené)が、1959年から英国(イングランド)に1年間滞在したあと、ロックンロールの洗礼を受け、自国に帰って「ロックグループを結成したい」という思いでスペインに帰国。

元クラスメイトだったラファエル・デ・ラ・ベガ (Rafael de la Vega)をベースに、エンリケ・ロペス (Enrique López)がドラム、エンリケ・フスタ(Enrique Fusté) を ピアノ に据え、

サウス・ブルースの影響に受けたペドロ・ジェネが「ローン・スター(LONE STAR)」とバンドを命名した。

ある夜、ナイトクラブに毎日出演していた「ローンスター」の演奏を聴いて、近づく一人のオランダ人がいた。

のちにリードギターとなるウィリー・ナブ(Willy Nab)である。彼は、バンドのステージに上がり、一緒に2曲演奏し、その腕を認められ5人目のメンバーとなった。

1962年

EMIレコードが、「ローンスター」に興味を示したことから、1962年初EPとなる”My Babe”が発売される。

そのまま2枚目のシングルEPをレコーディングし続けていた矢先、エンリケ・フスタがバンドを脱退、グループの危機が訪れたようにみえたが、

6枚目のカバーシングル”La Casa del Sol Naciente(朝日のあたる家)”は、同じスペイン語圏の国、ベネズエラでチャートの1位となる。

1965年

1965年発売のシングル”Comprensión”もビッグセールスを記録し、ローン・スターはいよいよアルバム発売の契約を獲得する。

1960~70年代の発表アルバム

ローンスターの1960~70年代の発表アルバム

  1. 『Lone Star (1966)』
  2. 『Un conjunto con antología (1967)』
  3. 『Vuelve el rock (1968)』
  4. 『Lone Star en Jazz (1969)』
  5. 『Spring 70 (1970)』
  6. 『Es largo el camino (1972)』
  7. 『Adelante rock en vivo (1973)』
  8. 『¡¡Síguenos!! (1976)』
  9. 『Horizonte (1977)』
  10. 『Oveja negra (1979)』

1968 ローン・スター(Lone Star)- Vuelve el Rock の詳細

1968年は「ローン・スター(Lone Star)」の年であったが、おそらくそれ以上のものになっただろう。

世界中を見渡しても贅沢なこのバルセロナ(Barcelona)の4人組が認められ、最も有名な曲である”My street”のシングルリリースの前と後に2枚のアルバムが発売された年だからである。

我々が関心のある最初の作品では、別の要素をブレンドしたり加えたりはせず、クラシックなロックンロールに専念している。

リトル・リチャード(Little Richard)、レイ・チャールズ(Ray Charles)、ニール・セダカ(Neil Sedaka)、ファッツ・ドミノ(Fats Domino)、エディ・コクラン(Eddie Cochran)、そしてエルヴィス(Elvis)といったアーティストの楽曲が収録されている。

ホーン・セクションに勢い付けられた素晴らしいヴァージョンであり、当時の彼らが欲した健全な音楽のみが表現されている。

この作品は平均的なコレクションであり、今日では非常にレアなものになっている。

我々はリトル・リチャードの”Lucille”と、2つのクラシック・ロックの小さなスペイン人のヴァージョンについて簡単に解説している。

ジェリー・リー・ルイス(Jerry Lee Lewis)の”The Dance Begins At 6”と、ファッツ・ドミノの”Hello Josephine”である。

【曲目】

01. Lucille
02. Hoy he llorado por ti
03. El baile empieza a las 6
04. Aleluya, ella es mi amor
05. Lo eres todo para mi
06. La conquista
07. I got a woman
08. Long Tall Sally
09. Trouble
10. Hello, Josephine
11. Something else
12. Mean woman blues

1968 ローン・スター(Lone Star)- Vuelve el Rock の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1968 ローン・スター(Lone Star)- Vuelve el Rock のメンバー

Pedro Gené – ボーカル
Willy Nab – リード・ギター
Rafael de la Vega – ベース・ギター
Enrique Fusté – ピアノ
Enrique López – ドラム

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。