1968 ザ・ポーパーズ(The Paupers) – Ellis Island

1968 ザ・ポーパーズ(The Paupers) - Ellis Island

評価投稿数: 0
0

1968年に発売されたカナダ出身のサイケデリック・ロックバンド「ザ・ポーパーズ(The Paupers)」のセカンド・アルバム『Ellis Island』のジャケットの表紙には、バンドメンバー4人のカラー写真が、オリー・アルパート(Ollie Alpert)によるサージェント・ペパーズ(Sgt. Pepper)スタイルのコラージュで入れられている。

レコーディング・メンバー
  • Chuck Beal – リード・ギター、スチール・ギター
  • Brad Campbell – ベース、ボーカル
  • Adam Mitchell – ギター、オルガン、ピアノ、ボーカル
  • Skip Prokop – ドラム、ギター、琴、ボーカル

アルバムの中には、キャンベル(Campbell)、ミッチェル(Mitchell)、プロコップ(Prokop)、ビール(Beale)の16枚の写真が入った、とてもサイケデリックなモノクロ写真が入っており、それらの写真を切り離してパラパラ漫画を作ることができる。

1968 ザ・ポーパーズ(The Paupers) – Ellis Island の詳細

アダム・ミッチェルは9曲のうち7曲でリード・ボーカルを務めており、バンドは①”South Down Road”からスタートして、様々なサイケデリック・スタイルに挑戦している。

このオープニング・トラックは、プロコル・ハルム(Procol Harum)にエレクトリック・プルーンズ(The Electric Prunes)を足したようなナンバーで、8分30秒のアシッド・ブルース。

ミッチェルのオリジナル曲は、スキップ・プロコップと共同作曲した4曲だが、風変わりな曲が多い。

知性的な一面は、カントリー・コメディーの④”Another Man’s Hair On My Razor”が終わりに近づくにつれ消えていく。

B面の最初の曲⑤”Numbers”は、バーズの”Eight Miles High”がサイモン・アンド・ガーファンクル(Simon & Garfunkel)の”Fakin’ It”と出会ったかのような作品だ。

ストロベリー・アラーム・クロック(Strawberry Alarm Clock)のギターと、ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)のベーシストとなるブラッド・キャンベルのリード・ボーカルが特徴の⑤”Numbers”は、耳障りではあるが、それがこのアルバムのルールである。

キャンベルは、ジョプリンの『I Got Dem Ol’ Kozmic Blues Again Mama!』や『Pearl』に向かってグループを去った。

ライヴ・アルバム『Joplin In Concert』は、数曲がフレッド・カテロ(Fred Catero)によるレコーディングで、エリオット・メイザー(Elliot Mazer)が収集、構成を行った。この2人は両者とも「ポーパーズ」の『Ellis Island』の制作にも関わった。

特筆すべきなのは、信頼できる経歴の人物がこの難解なプロジェクトに関わったという事だ。

スキップ・プロコップのソロ楽曲が1曲あるが、この曲で彼はボーカルも担当。『Live Adventures Of Al Kooper And Mike Bloomfield』で演奏し、ライトハウス(Lighthouse)というバンドを作り上げたこの人物は、ドリーミーな楽曲で調子外れのキース・ムーン(Keith Moon)スタイルの歌唱を披露している。

アダム・ミッチェルはここからボーカルに戻り、キャンベル、プロコップ、ミッチェルが作曲したドラマティックな”Yes I Know”となる。

6分23秒のかなりサイケデリックなブルースだ。

この曲は、こういったタイプのサウンドから離れてファンを大いに残念がらせた、後期のブルース・マグース(Blues Magoos)とエレクトリック・プルーンズの恩恵だったのかもしれない。

それらのグループのヒット・シングルがなければ、「ザ・ポーパーズ」の『Ellis Island』は、決してそれにふさわしい注目を集めることはなかっただろう。

この作品はヴィンテージでもあり、無名の作品でもあって、ある時点で突然収集価値の高いものになるかもしれない作品だ。

【曲目】

01. South Down Road (Mitchell, Prokop) – 8:30
02. Cairo Hotel (Mitchell) – 4:10
03. Cant Go On (Mitchell, Prokop) – 3:35
04. Another Man’s Hair On My Razor (Mitchell) – 4:15
05. Numbers (Mitchell, Prokop) – 5:33
06. Oh That She Might (Prokop) – 4:56
07. Yes I Know (Campbell, Mitchell, Prokop) – 6:23
08. Ask Her Again (Mitchell, Prokop) – 4:00
09. Juliana (Mitchell) – 2:49
Bonus Track:
10. If I Call You By Some Name (Rick Shorter) – 2:52
11. Copper Penny (Prokop) – 2:36
12. White Song (Prokop) – 2:55

発表アルバム

The Paupers “Magic People”

  1. 『Magic People (1967)』
  2. Ellis Island (1968)』

1968 ザ・ポーパーズ(The Paupers) – Ellis Island の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

1968 ザ・ポーパーズ(The Paupers) – Ellis Island のメンバー

Chuck Beal – リード・ギター、スチール・ギター
Brad Campbell – ベース、ボーカル
Adam Mitchell – ギター、オルガン、ピアノ、ボーカル
Skip Prokop – ドラム、ギター、琴、ボーカル

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。