1966 ビリー・バトラー(Billy Butler)- Right Track

1966 ビリー・バトラー(Billy Butler)- Right Track

評価投稿数: 0
0

「ビリー・バトラー(Billy Butler)」は、1960年代から1970年代初期にかけて活動したアメリカのソウル・シンガー、そしてソングライター。

ビリー・バトラーは、すでにインプレッションズのメンバーとして大スターだったジェリー・バトラー(Jerry Butler)の弟である。

ここに収められているノーザン・ソウルは、60年代初期から中期のカーティス・メイフィールドらによって作られたシカゴ・ソウル・サウンドだ。

インプレッションズや、ブランズウィック・ソウル、カーティス・メイフィールド、カール・デイヴィス好きにはおススメである。

ビリー・バトラーは高校の頃にエンチャンターズ(Enchanters)というボーカル・グループを結成。

1963年にオーケー・レコード(Okeh Records)で最初のレコーディングを行った。

最初はカーティス・メイフィールド(Curtis Mayfield)、後にはカール・デイヴィス(Carl Davis)のプロデュースを受け、ビリー・バトラー最大のヒット、の”I Can’t Work No Longer”(1965年)を発表する。

アメリカのビルボード・ブラック・シングルズ・チャートで6位、ビルボード・ホット100で60位にランクインしている。

グループは1966年に解散し、彼は”The Right Track”のソロ曲でマイナー・ヒットした後、オーケーを去る。

現在も、”The Right Track”はノーザン・ソウル・トップ100チャートで11位に位置している人気ナンバーだ。

1966 ビリー・バトラー(Billy Butler)- Right Track の曲目

曲目

01 – Right Track
02 – Can’t Live Without Her
03 – Found True Love
04 – Boston Monkey
05 – Tomorrow is Another Day
06 – (I’ve Got a Feelin) You’re Gonna Be Sorry
07 – I Can’t Work No Longer
08 – Nevertheless
09 – Gotta Get Away
10 – (You Make Me Think ) You Ain’t Ready

1966 ビリー・バトラー(Billy Butler)- Right Track の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

同類ジャンルの記事

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。