1965~1969 フルール・ドゥ・リス(Les Fleur De Lys) – Reflections

1965~1969 フルール・ドゥ・リス(Les Fleur De Lys) - Reflections

評価投稿数: 0
0

フルール・ドゥ・リス(Les Fleur De Lys)は、イギリス南部の都市「サウサンプトン」で結成されたブリティッシュ・サイケデリックバンドである。

活動期間は、1964年~1969年でシングルは8枚発売されているが、アルバムは未発売。

レコーディング・メンバー
  • Frank Smith – ギター、ボーカル
  • Alex Chamberlain – オルガン
  • Gary Churchill – ベース
  • Keith Guster – ドラム
  • Gordon Haskell – ベース
  • Pete Sears – キーボード
  • Phil Sawyer – ギター
  • Chris Andrews – ボーカル
  • Bryn Haworth – ギター、ボーカル
  • Tony Head – ボーカル
  • Graham Maitland – ギター
  • Tago Byers – ベース

1965~1969 フルール・ドゥ・リス(Les Fleur De Lys) – Reflections の詳細

得体の知れないバンドの、レアな24曲のレコーディング楽曲の無秩序なコンピレーションである。

「フルール・ドゥ・リス(Les Fleur De Lys)」の名前でリリースした14曲と、ルパーツ・ピープル(Rupert’s People)、チョコレート・フロッグ(Chocolate Frog)、シャイスター(Shyster)のバンド名でリリースしたシングル、そして、シャロン・タンディー(Sharon Tandy)、ジョン・ブロムリー(John Bromley)、ウェイグッド・エリス(Waygood Ellis)のバックを務めたリリース楽曲が収録されている。

言うまでもないことだが、このような熱狂的な楽曲の寄せ集めは、ハードコア・コレクターのマーケットに向いている。

しかし、1960年代中頃から後半のモッド・サイケが好きだとしたら、この作品は傍に置いておくのに相応しいものだ。

時にはソウルとサイケデリアが融合されて素晴らしいハーモニーを形作る、華々しい(時には狂ったような)ギター・ワークが特徴的である。

”Circles”と”Mud In Your Eye”は一級品のモッド・ギター・チューン。”Gong With The Luminous Nose”は、最もふざけた雰囲気のポップ・サイケである。

”Reflections Of Charlie Brown”は、最も内省的なポップ・サイケだ。

シャロン・タンディーの”Daughter Of The Sun”は失われたクラシックに近い作品で、魔女のようなボーカルと不吉な雰囲気のサイケデリック・ギターが特徴的である。

発表シングル

The Fleur De Lys

  1. “Moondreams” (Norman Petty) / “Wait For Me”(1965)
  2. “Circles” (Townshend) / “So Come On”(1966)
  3. “Mud in Your Eye” / “I’ve Been Trying”(1966)
  4. “I Can See a Light” / “Prodigal Son”(1967)
  5. “Gong With the Luminous Nose” (Haskell) / “Hammer Head”(1968)
  6. “Stop Crossing That Bridge” (Dee, Potter) / “Brick by Brick(1968)
  7.  “(You’re Just A) Liar” (Haworth, Potter) / “One Girl City”(1969)
【曲目】

01. Circles – 3:06
02. Mud In Your Eye – 3:04
03. Going With the Luminous Nose – 2:37
04. Sugar Love – 2:08
05. Hold On (with Sharon Tandy) – 3:13
06. Prodigal Son – 2:01
07. One City Girl – 2:47
08. Daughter of the Sun (with Sharon Tandy) – 3:56
09. Tick Tock – 2:46
10. I Can See the Light – 3:01
11. Liar – 3:20
12. I Forgive You (as Chocolate Frog) – 2:41
13. So Come On – 1:53
14. Hammerhead – 1:31
15. Stop Crossing the Bridge – 2:04
16. I Like What I’m Trying To Do – 2:17
17. Hold On (as Rupert’s People) – 3:31
18. Butchers and Bakers (as Chocolate Frog) – 2:55
19. Wait For Me – 2:24
20. Reflections of Charlie Brown (as Rupert’s People) – 4:16
21. Brick By Brick – 2:30
22. I’ve Been Trying – 2:45
23. Moondreams – 2:30
24. So Many Things – 2:18

1965~1969 フルール・ドゥ・リス(Les Fleur De Lys) – Reflections の口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

1965~1969 フルール・ドゥ・リス(Les Fleur De Lys) – Reflections のメンバー

Frank Smith – ギター、ボーカル
Alex Chamberlain – オルガン
Gary Churchill – ベース
Keith Guster – ドラム
Gordon Haskell – ベース
Pete Sears – キーボード
Phil Sawyer – ギター
Chris Andrews – ボーカル
Bryn Haworth – ギター、ボーカル
Tony Head – ボーカル
Graham Maitland – ギター
Tago Byers – ベース

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。