1965~1969 ザ・ラグビーズ(The Rugbys) – The Rugbys

1965~1969 ザ・ラグビーズ(The Rugbys) - The Rugbys

評価投稿数: 0
0

ザ・ラグビーズ(The Rugbys)は、1965年~1969年に活動した米国ケンタッキー州ルイビル出身のサイケデリック・ロックグループ。

メンバー
  • Chris Hubbs(ギター)
  • Steve McNicol(ギター)
  • Mike Hoerni(ベース・ギター)
  • Eddy Vernon(キーボード)
  • Glen Howerton(ドラム

主にカヴァー曲を演奏していたが、時代的に市場においてオリジナル楽曲の作曲とレコーディングの競争が激化したため、「ラグビーズ」は1968年に2枚のオリジナルシングルをレコーディングし、リリースした。

そのシングルとは、サー・ダグラス・クインテット(Sir Douglas Quintet)のダグ・サーム(Doug Sahm)が作曲し、後にコンピレーション・アルバム『Highs In The Mid-Sixties, Volume 8』に収録された”Walking The Streets Tonight”と、スティーヴ・マクニコル(Steve McNicol)が作曲した”Stay With Me”である。

2曲ともローカルでリリースされ、ルイヴィルのラジオ局のWAKYとWKLOで流された。

その後、1968年の後半に”Stay With Me”のB面であった、ギターのスティーヴ・マクニコル作曲の”You, I”をリリースし、成功を収めた。

”You, I”は両方のローカル・ラジオ局で1位を記録。

彼らはその後、テネシー州ナッシュヴィルの、レコードプロデューサーのシェルビー・シングルトン(Shelby Singleton)のレコード・レーベル、アマゾン・レコードと契約し、1969年に”You, I”をシングルで再リリースした。

その曲は全国ヒットとなり、ビルボード・ホット100で24位、キャッシュ・ボックス(Cash Box)チャートの22位になった。

”You, I”はスペインのイグジット・レコード(Exit Records)、イタリアのアカルマ・レコード(Akarma Records))、英国のポリドール・レコード(Polydor Records)、タイのタイ・レコード(Thai Records)と世界中でもリリースされ、ペルーのペッパー・スメルター・グループ(Pepper Smelter Group)とベルギーのクライマックス(Climax)という2グループに英語圏以外でもカバーされた。

1969年の後半と1970年には、ボブ・シーガー(Bob Seger)、グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad)、ジェームス・ギャング(James Gang)などといった他の多くのアーティストと同じ金額で、中西部と北東部でのツアーをまわった。

その年の終わりに、バンドは唯一のアルバム『Hot Cargo』をリリースした。

『Hot Cargo』は完全に全国的なプロモーションが足りず、また、1969年~1970年のFMラジオの盛り上がりをシェルビー・シングルトンが察知できなかったために、セールスは不発に終わった。

”You, I”の後のシングル”Wendegahl The Warlock”はチャートインせず。

『Hot Cargo』は後に、ラザルス(Lazarus)というグループと同じディスクに収録された2in1『The Rugbys Meet Lazarus』として初めてCD化されることとなる。

最近では、2007年にギア・ファブ・レコード(Gear Fab Records)が、ギターのマクニコルと共同で「ラグビーズ」の未発表のオリジナル楽曲を収録したアンソロジー・アルバム『The Lost Sessions』をリリースした。

 

【曲目】

01. I Gotta Find A Way
02. This Way, That Way
03. Endlessly
04. You’re Not There
05. Walkin’ The Streets
06. Anyone But You
07. Winter Winds
08. But I Do
09. Baby, Let’s Wait
10. Leaves Of Grass
11. I Belong To Nobody
12. Let The Music Take You Down
13. On My Way
14. Sundown Red
15. Lies
16. Lovestruck
17. Burnin’ With The Love
18. You I

1965~1969 ザ・ラグビーズ(The Rugbys) – The Rugbys の口コミ

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

1965~1969 ザ・ラグビーズ(The Rugbys) – The Rugbys のメンバー

Chris Hubbs(ギター)
Steve McNicol(ギター)
Mike Hoerni(ベース・ギター)
Eddy Vernon(キーボード)
Glen Howerton(ドラム)

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。