1964 アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)- Runnin’ Out Of Fools

1964 アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)- Runnin' Out Of Fools

評価投稿数: 0
0

『Runnin’ Out Of Fools』は、アメリカのシンガー、「アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)」が1964年に発表した7枚目のスタジオ・アルバム。

「アレサ・フランクリン」のソウルフルなサウンドは、この『Runnin’ Out Of Fools』からスタートした。

これはコロンビア(Columbia)の最初の2枚のアルバムでのジャジーなサウンドからの真の変化であり、彼女の素晴らしい才能の一端が表れている!

アレンジはベルフォード・ヘンドリックス(Belford Hendricks)が担当しており、豊かなストリングスとコーラス、そして素敵なグルーヴを土台に据えて、アップタウン・スタイルのサウンドを作り出している。

それは1960年代初期のカントリー・ソウルと、人気上昇中だったタイトなニューヨーク・ソウルの間の領域だ。

「アレサ・フランクリン」のボーカルは素晴らしい。

このアルバムによって、どのような舞台であっても彼女が常に見事なシンガーであるということが証明されている。

”Mockingbird”、”Walk On By”、”How Glad I Am”、”I Can’t Wait Until I See My Baby’s Face”、”Runnin’ Out Of Fool”、”One Room Paradise”といった楽曲が収録されている。

1964 アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)- Runnin’ Out Of Foolsの曲目

曲目

01. Mockingbird (2:37)
02. How Glad I Am (2:36)
03. Walk On By (2:51)
04. Every Little Bit Hurts (2:50)
05. The Shoop Shoop Song (It’s In His Kiss) (2:25)
06. You’ll Lose A Good Thing (2:41)
07. I Can’t Wait Until I See My Baby’s Face (2:47)
08. It’s Just A Matter Of Time (3:00)
09. Runnin’ Out Of Fools (2:36)
10. My Guy (3:06)
11. Two Sides Of Love (2:31)
12. One Room Paradise (2:10)
13. A General Market Advertisement From Columbia Records (0:41)
14. A Special Ad For Christmas (0:55)
15. The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire) (2:55)
16. Winter Wonderland (2:12)

1964 アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)- Runnin’ Out Of Fools の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

同類ジャンルの記事

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう