ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)について【ドイツ】

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)について【ドイツ】

評価投稿数: 0
0

歌手であり女優である「ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)」は、チャート上での活躍は比較的控えめであったが、母国ドイツでは人気があった。

1959年から67年にかけてたくさんのヒット曲を出したが、ドイツのガールズポップファンには、1969年のゴーゴーの傑作、英語でレコーディングされた“Berlin”が非常に人気である。

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)のバイオグラフィ

ハイジ・ブリュールは、1942年1月30日、ミュンヘン(Munich)近郊のグレーフェルフィング(Gräfelfing)に生まれる。幼い頃からパフォーマンスの素質があり、5歳の時にバレーを習い始める。

1955年 13歳のころ

父親は映画プロデューサーのハラルト・ブラウン(Harald Braun)で、彼の助力により1955年の映画『Die Mädels von Immenhof』での役を得た。

これは非常に大きなヒットとなり、2つの続編が作られ、その両方ともハイジが主演を務めた。

1959年 17歳のころ

1959年、こちらも父親の助力により、レコード会社「Philips」と契約を結んだ。

1959年8月にファーストシングル“Chico Chico Charlie”を発売し、ドイツチャート5位を記録。その後も数か月間、“Wir werden us finden”や“Mister Love”などヒットが続いた。

1960年 18歳のころ

ハイジ・ブリュールの一番のヒット曲であり、唯一のチャートトップ曲は“Wir wollen niemals auseinandergehn”で、これは1960年のコンテスト『Eurovision song contest』のドイツ代表を選ぶ決勝で彼女がパフォーマンスした曲である。

決勝では新人ウィン・フープ(Wyn Hoop)の“Bonne nuit ma chérie”に敗れ2位となってしまったものの、ハイジの曲のほうがはるかに大きなヒットとなり、7週もの間チャートトップに輝いた。

3年後、ようやく全ヨーロッパのコンテスト『Eurovision』にドイツ代表として出場することができたのだが、彼女の“Marcel”は9位という残念な結果に終わった。

この頃ハイジ・ブリュールは、トップ10入りをすることはなかったものの、数々のヒットを記録していた。

そして1962年11月、金銭的な問題を彼女に残して、父親がこの世を去った。

1963年 21歳のころ

1963年9月、ハイジ・ブリュールはミュージカル『Annie get your gun』の主演を務め、大きな称賛を集めた。

当時のドイツではミュージカルは一般的ではなく、彼女はしばしばこのジャンルをドイツの民衆に紹介する際に、名前を出されている。

後に彼女は『My fair lady』のドイツ版でイリーザ・ドゥーリトル(Eliza Doolittle)役を務めている。

1964年 22歳のころ

ハイジ・ブリュールはアメリカのB級映画俳優ブレット・ハルゼイ(Brett Halsey)と出会い、彼が働くローマ(Rome)へ付いて行き、1964年12月にふたりは結婚した。

1966年 24歳のころ

1966年、63年の“Marcel”以来初めてのヒットとなる“Hundert Mann und ein Befehl”を発売した。

これはアメリカの二等軍曹バリー・サドラー(Barry Sadler)“ The ballad of the green berets”のカバーである。

この曲はその年の4月に8位に入り、彼女への興味を再燃させたが、続く“Weiter dreht sich uns’re Welt”は完全に失敗に終わった。

1967年 25歳のころ

1967年、長年彼女のプロデューサーであったフレッド・ウェイリック(Fred Weyrich)と離れ、アメリカの歌手キース(Keith)の生き生きとした“98.6”のカバー “Hab keine Angst vor morgen”を発売した。

これは新しいアルバム『Meine Welt』からの初めてのシングルとして発売されたもので、このアルバムにはたくさん当時の曲のカバーが収録された。

しかし、おそらくこの作品は少しイージーリスニングすぎて、彼女の昔からのファンを魅了することも、新しいファン基盤となる若い世代を引き付けることもできなかった。

その年の後半、グループ「ビージーズ(Bee Gees)」“Spicks and specks”の信頼性のあるカバー“Mein Weg mit dir”を発売。これはアルバムには収録されなかった曲で、この曲はチャート33位となり、彼女最後のチャートヒット曲となった。

1968年 26歳のころ

1968年、スペインの歌手マッシェル(Massiel)の『Eurovision』での優勝曲“La, la, la”のカバー曲と、パティ・プラヴォ(Patty Pravo)のイタリアでのビッグヒット“La bambola”のカバー曲を発売した。

さらにカバー曲の発売が続く。

ダスティ・スプリングフイールド(Dusty Springfield)“ I close me eyes and count to ten”のカバー“Ich schließe meine Augen”、再び「ビージーズ」“Words”のカバー“Bleibe bei mir”などである。

1969年 27歳のころ

そして翌年1969年には、ルル(Lulu)のイギリス『Eurovision』の優勝曲のカバー“Boom bang-a-bang”が、ドイツを拠点に置くアメリカの歌手ペギー・マーチ(Peggy March)のバージョンとの直接的な競合として発売された。

しかしこの曲でヒットを出したのはスコットランドの歌手、ルルだけであった。

同じ年、彼女はロンドン(London)へ行き、多くのガールズポップファンが彼女の最高の作品だと考える“Berlin”をレコーディング。

ダンスフロアでお気に入りとなるこの曲は、彼女のドイツ語ポップス、シュラガースタイルとはかけ離れているが、明らかに平均的な“The drifter”に、B面へと追いやられてしまった。

1970年代、その後…

ハイジ・ブリュールは、1970年、ローマからロサンゼルス(Los Angeles)へと移り、ラスベガス(Las Vegas)のホテル「Dunes Hotel」と1年の雇用契約を結んだ。

数枚のドイツ語シングルをレコーディングするだけでなく、テレビシリーズ『Columbo』のあるエピソードに出演したり、1975年の映画『The Eiger sanction』にクリント・イーストウッド(Clint Eastwood)と共に主演したりもした。

さらに自身のドイツでのテレビスペシャルに主演したり、映画『Immenhof』の2シリーズに出演したり、雑誌『Playboy』でヌードになったりもした。

1977年、ドイツへと戻り、1981年にシングル“You are a part of my heart”で復活を試みたが、成功はしなかった。

1991年、49歳の時、ミュンヘンで乳がんの手術中にこの世を去った。

出典:Ready Steady Girls

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)について【ドイツ】の口コミ

感想を追加する


Submit your review
*必須項目です

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)のディスコグラフィ

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)のシングル(EP)

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)

    1. Immer, Wenn Du Bei Mir Bist / Wir Werden Uns Finden  1959
    2.  Heidi Brühl / Helga Brauer – Wir Werden Uns Finden / Mister Brown Aus USA  1959
    3. Heidi Brühl / Tanzorchester Des Berliner Rundfunks  – Chico-Chico-Charlie / Fräulein Li   1959
    4. Chico Chico Charlie / Luna Lunalu, Lieber Mond   1959
    5. Heidi Brühl / Die Ping-Pongs Und Das Hemmann-Quintett – Luna Lunalu, Lieber Mond / Immer Wenn Du Gehst ‎(7″, Single, Mono)  1959
    6. Heidi Brühl Und Chor* / Rundfunk-Tanzorchester Leipzig – Immer, Wenn Du Bei Mir Bist / Garofitza ‎(7″, Single, Mono)  1959
    7. Bärbel Wachholz / Heidi Brühl – Damals / Die Nacht Ist Viel zu Schön / Immer, Wenn Du Bei Mir Bist / Wir Werden Uns Finden ‎(7″, EP, Mono)  1959
    8. Heidi Brühl / Tanzorchester Des Berliner Rundfunks* – Ich Liebe Den Mondschein / Cherita ‎(7″, Single, Mono)  1959
    9. Mister Love / Sag Mir Leis “Je T’aime”  2 versions Philips 1960 Wir Wollen Niemals Auseinandergehn  1960
    10. Immer Will Ich Dir Gehören / Ich Bin So – Oder So   1960
    11. Heidi Brühl / Irmgard Hase / Helga Brauer U. Die Ping-Pongs / Peter Wieland – Ich Liebe Den Mondschein / Träum’ Nicht Von Einem Prinzen / Jonathan / Sonny Boy ‎(7″, EP)  1960
    12. Heidi Brühl ‎(7″, EP)  1960
    13. Heidi Brühl / Günter Karpa – Geh’ Nicht Vorbei / Ariane ‎(7″, Single, Mono)  1960
    14. Ring Of Gold ‎(7″, Single)  1960
    15. Ich Liebe Den Mondschein / Geh Nicht Vorbei ‎(7″, Single)  1960
    16. Immer Will Ich Dir Gehören ‎(Vinyl, EP)  1960
    17. Das Kann Morgen Vorbei Sein   1961
    18. Die Hochzeitsmelodie / Das Kann Doch Nie Zu Ende Gehn  1961
    19. Singt Aus Dem Musical “My Fair Lady” ‎(7″, EP)  1961
    20. Heidi Brühl / Jenny Petra – Immer Will Ich Dir Gehören / Tiflis ‎(7″, Single) 1961
    21. Ring Of Gold Forever More (Wir Wollen Niemals Auseinandergeh’n) / Immer Will Ich Dir Gehören (I’ll Belong To You Forever) ‎(7″, Single, Promo)  1961

Heidi Brühl

    1. Was Der Wind Erzählt   1962
    2. Rot Wie Der Mohn / Hundert Kavaliere  1962
    3. Sieh Mal An / Wer Weiß, Wer Weiß ‎(7″, Single)  1962
    4. Singt Aus My Fair Lady ‎(7″, Single)  1962
    5. In Der Straße Wohnst Du (In The Street Where You Live) ‎(7″, Single, Mono)  1962
    6. Bitte Spiel Nicht Mit Mir ‎(7″, Single, Mono)  1962
    7. Singt Aus My Fair Lady ‎(7″, Single)  1962
    8. Marcel  2 versions Philips 1963
    9. Geh Nicht Fort / Wie Wär’s Mit Charleston   1963
    10. Heidi Brühl & Robert Trehy – Annie Get Your Gun (Annie Schiess Los!)   1963
    11. Heidi Brühl Singt Weihnachtslieder ‎(7″, Single)   1963
    12. Du Gehst Vorbei An Mir ‎(7″, Single, Mono)  1963
    13. Man Sagt, Verliebtsein, Das Wäre Wundervoll ‎(7″, Single)   1963
    14. Ja, Schauspieler Sind Schauspieler ‎(7″, Single)  1963
    15. Marcel ‎(7″, Single)  1963
    16. Esther Ofarim / Ronnie Carroll / Nana Mouskouri / Heidi Brühl – Eurovision Song Festival 1963 ‎(7″, EP) 1963
    17. Einmal Sag Ich Ja ‎(7″, Single)  1964
    18. Hernando’s Hideaway ‎(7″, Single)  1964
    19. Ci Rivedremo Fra Una Settimana ‎(7″, Single)  1964
    20. Da War Ein Girl, Da War Ein Boy ‎(7″, Single, Mono) 1965
    21. Hundert Mann Und Ein Befehl 1966
    22. Weiter Dreht Sich Unsre Welt ‎(7″, Single, Mono)   1966

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)のシングル(EP)

    1. Die Antwort Mußt Du Mir Noch Geben ‎(7″, Single) 1967
    2. Mein Weg Mit Dir ‎(7″, Single, Mono)  1967
    3. Heidi Brühl Singt: Memory (Denk Zurück) ‎(Flexi, 7″, S/Sided, Mono, Promo)  1967
    4. Hab Keine Angst Vor Morgen ‎(7″, Single)  1967
    5. La Bambola / Master Jack   1968
    6. Bleibe Bei Mir / La Banda ‎(7″, Single, Mono)  1968
    7. La La La ‎(7″, Single, Mono)  1968
    8. The Drifter  1969
    9. Ich Schließe Meine Augen ‎(7″, Single)  1969
    10. In So Many Strange And Wonderful Ways ‎(7″, Single, Mono, Promo) P 1969
    11. Boom Bang-A-Bang ‎(7″, Single, Mono)  1969
    12. Alles Verstehen Heißt Alles Verzeih’n ‎(7″, Single, Mono) 1969

ハイジ・ブリュール(Heidi Brühl)のシングル(EP)

  1. Vagabondo ‎(7″, Single)  1970
  2. Regen Fällt Heute Auf Die Welt (Raindrops Keep Fallin’ On My Head) ‎(7″, Single)  1970
  3. Der Schlüssel Dafür (Brand New Key) ‎(7″, Single)  1971
  4. Sinfonie ‎(7″, Single)  1972
  5. Da War Meine Liebe Schon Vorbei ‎(7″, Single)  1973
  6. Wir Wollen Niemals Auseinandergehn / Hundert Mann Und Ein Befehl ‎(7″, Single)  1975
  7. Wenn Die Liebe Nicht Wär’ Auf Der Welt ‎(7″, Single)  1975
  8. Komm, Nimm Mich ‎(7″, Single)   1978
  9. Zärtlichkeit ‎(7″, Single) 1980
  10. You Are A Part Of My Heart   1981
  11. Mamacita   1982
  12. No Ties No Tears ‎(7″, Single)  1982
  13. I’m Still In Love With You ‎(7″, Single)  1983
  14. John James (7) – Heidi Brühl – This Time ‎(7″, Single) 1984
  15. Sun In Your Heart    1989
  16. Kalt Oder Heiß ‎(7″, Single)  1990
  17. Weil’s Aus Liebe War ‎(7″, Single)  1991
  18. Willy Hagara Und Heidi Brühl – Lass Mich Am Sonntag Nicht Allein ‎(7″)   発売日不明
  19. In So Many Strange And Wonderful Ways ‎(7″, Single)  発売日不明
  20. Heidi Brühl / Jenny Petra, Die Ping-Pongs u. d. Hemmann-Quintett – Chico-Chico-Charlie / Luna Luna-Lu, Lieber Mond / Wenn Du Mir Sagst / Leb’ Wohl, André ‎(7″, EP, Mono)  発売日不明

関連記事とアーティスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。